ヤブガラシ

2017/04/22

【シュウ酸化合物】ヤブガラシの性質を科学的に見てみると・・・。【デンプン】

 ヤブガラシの性質について、多分そういう事なんだろうなあと想像で考えていたことが、科学的に確認された論文が出ていたので、引用しておきます。

 つる植物は接触化学識別(味覚)を使って同種を避けている

 要約すると、以下の通りです。

◎つる性植物(実験ではヤブガラシを使用)は、巻き付く相手を”接触”によって識別し、自分に対しては巻き付きを忌避している。

◎ヤブガラシの場合には、その忌避物質は葉中に高濃度に含まれるシュウ酸化合物であることが特定された。

◎シュウ酸化合物を多く含むホウレンソウやギシギシを用いた実験では、シュウ酸の量と巻き付きには負の相関がある(つまりシュウ酸濃度が高い程、巻き付きにくい)という結果が得られた。

◎シュウ酸化合物を塗布したプラスチック棒への巻き付き実験でも、その他の化合物を塗布した棒に比べて巻き付きにくい、ということが確認された。


 ヤブガラシの先端部が、揮発性の物質であるシュウ酸化合物を識別するということらしく、「植物にも味覚があるんだ!」という方向で取り上げられています(上記のページでも、そちらに主眼を置いた発表をしてますね)。

 しかし、私がここで取り上げたのは、今までも何回か違和感&理屈が合わないなあと思っていた「巻いて置いておけばヤブガラシは枯れる」という情報に対して、私が仮説として考えていた内容が概ね当たっていたみたいだったなあ、と思ったもので、補足として書いてみることにしました。

 

続きを読む "【シュウ酸化合物】ヤブガラシの性質を科学的に見てみると・・・。【デンプン】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/17

【クズ】各駆除方法の効果を改めて調べてみた。【ヤブガラシ】

 死ぬほど暑かったり台風が群れで来襲したりと、今年は大変な気候が続いていましたね。

 秋も深まりつつあり、私も最小限の作業しかここ数週間はしていません。掘れるところは根を掘ってますが、時間がないときは茎を切ってグリホサート剤を塗るだけ。

 ハサミで切った後、器に入れた除草剤を刷毛で塗って、というのが、一人でやっていると案外面倒なので、最近はこんなモノを使っています。100均などで売っている、「オイル用シリコン容器(刷毛付き)」です。

 Imag0591


 これとハサミだけを持って、庭木の間を往来し、ささっと作業しています。刷毛で塗るより若干、多めに薬剤が出てしまうのが欠点ですが、元々薄めて使っているものですし、短時間で作業をしたいので、この方法に落ち着いています。

 もうそろそろ落ち着いてきたと思いますが、今回は「この方法(除草剤)で本当に効くの?」って辺りについて、「論文」などにまとめられているデータなど調べて整理してみました。


続きを読む "【クズ】各駆除方法の効果を改めて調べてみた。【ヤブガラシ】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/04

【四年目突入!】ヤブガラシとの戦いは続く。。【戦況報告】

 なんだかうちのブログのアクセスの大半は、圧倒的に「ヤブガラシ」で検索してくる人が占めているのですね(汗)。
 反応はほぼないので、皆さんの役に本当にたっているかは判りませんが(爆)。

 まあ、1年や2年でケリが付くものではないので、幾らかでも読んで下さっている方々の日々の戦いの糧になっていればいいのですけどね。。
 私の試している方法にも、まだまだ工夫の余地はあるとも思いますし、それぞれでお庭事情も違うと思いますし。

 とりあえず一応、今年の状況も書いておこうかと思います。

 (タイトルで半ば遊んでしまっていますが。。。)

続きを読む "【四年目突入!】ヤブガラシとの戦いは続く。。【戦況報告】"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015/11/07

【経過報告】ヤブガラシ撲滅大作戦 3年目の成果は?

 寒くなり、そろそろヤブガラシの勢いも衰えてきて、新しい芽も出てこなくなってきました。

 うちのブログは「ヤブガラシ」で検索してくる人が多いようなので、そろそろ今年の戦果・・・もとい成果のまとめの御報告など。

 前回のブログで撲滅させた場所をまずおさらい。

続きを読む "【経過報告】ヤブガラシ撲滅大作戦 3年目の成果は?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/05

ヤブガラシの生育条件についての一考察【2016.12.20 追記あり】

 さて、「ヤブガラシ撲滅大作戦」の方に「こんな駆除方法もあるよ」とのコメントを戴いたのですが、真偽がどうしてもわからなかったもので、そちらのコメントの表示ではなく、ここに少し私の疑問や考察も踏まえて書かせて戴きました。

 紹介されたのは、「ヤブガラシを切らずに解いて、土の上に巻いて丸めておくと、役目を終えたと思い消滅する」というお話でした(上記のキーワードで検索すれば、紹介されたページが出てくると思います)。

 もうピークの過ぎたこの時期に紹介されても、私の方で検証ができないので、確証がないものを記載するのもどうかなあ?と思い、とりあえずブログの方で疑問に思ったり、こういうことかなあ?とあれこれ考えたことをつらつら書かせて戴きます。

【2016.12.20 追記あり】

続きを読む "ヤブガラシの生育条件についての一考察【2016.12.20 追記あり】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/28

【駆除】ヤブガラシ 撲滅大作戦 【現在進行中】

 たまには漫画の話ではなく、毛色の違った内容も。
 実は最近は庭弄りばかりしているんですよね。

 実家を二世帯住宅に建て替えて3年目。ヤブガラシとの戦いも3年目に突入。。。

 家の立替と共に、外構工事の一貫で、庭も一部を残して全部土砂をひっくり返したのです。けど、そこに以前からあったヤブガラシの太根が大量に混じり込んでしまったのです。。

 秋口に引っ越したので、その時はまったく気がつかなかったのですが、春先になんだか防草シートを敷いた砂利の下や横、シートの隙間から、もそもそと大量のヤブガラシが出てきました。

 それが戦いのゴング(ry

 以下、長文なので結論だけ見たい人は一番下の「■まとめ」だけ読めば充分かもです。

続きを読む "【駆除】ヤブガラシ 撲滅大作戦 【現在進行中】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)