C_不条理系

2017/06/15

福田泰宏 「まどからマドカちゃん」 モーニングKC 講談社

 雨宿りで軒先を借りた部屋の窓から、無言のまま様々な「お誘い」をしてくる美人と、ただの通りがかりのサラリーマンの、窓を挟んで展開するオムニバス・ショートコントといったところですかね。

 このコントの縛りは、「窓」という枠を通じたコミュニケーションと、互いの不可侵(サラリーマン君が部屋の中に入ったり、また彼女が部屋から出てくることもない)、そしてヒロインが「無口」で身振り手振りで全て伝えるのみで、一言も喋らない、ということ。

 この3点の縛りを踏まえて、ほぼコントというかは不条理ギャグのような、美女とサラリーマンのやり取りが展開していきます。

 部屋の中は異次元ポケットかよ!っというくらい、衣装や内装がガラッと変わるのはまだしも、突如”釣り●”が出来たりと、ほぼ何でもアリな状態。ある意味では、ドリフの大爆笑ショート・コントといった味わいでしょうかね。

 それにプラスして、美人ですからそれなりのサービス・・・は、まあ最低限ありますよ、ということで。

 落語的なノリというか、そういうほのぼのとしたコントや不条理ギャグが好きな人にとって、結構楽しめる作品じゃないかなあと思います。

  私はこういうノリの作品、かなり大好きです(笑)。
  

続きを読む "福田泰宏 「まどからマドカちゃん」 モーニングKC 講談社"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/29

阿部洋一 「新・血潜り林檎と金魚鉢男」 全2巻 アース・スターコミックス 奉文堂

 頭が<金魚鉢>の背広の紳士が唐突に現れ、金魚鉢の中の金魚が人を襲うと、その人は<金魚>になってしまう。。

 そんな恐怖に怯える街で活躍するのが、スクール水着を着た少女、”血潜り”達で、彼女達でしか金魚男の毒を処置できない。但し、その能力を使って”潜れる”のは、襲われたばかりでまだ金魚になっていない人のみ。金魚になってしまった人々は、もう金魚のままで居るしかない。。

 スク水女子が街中を走り回ってる段階で、なんかもう小さな劇団のアングラ演劇の世界を彷彿とさせますが(・・・アングラは死語かしら?)、まさにそういう雰囲気の漂う作品です。

 敵対する同士とも言える「金魚鉢男」と「血潜り」ですが、ある意味では「血潜り」も特殊な職業。金魚鉢男が消えてしまえば、存在意義は当然消滅してしまいます。既に彼女らも”人ではない”とも言えますし、そんな葛藤を巡る戦いに、話は急展開していくことになります。

 2巻ではとうとう宿敵の「金魚鉢男」を倒すことに成功はしたものの、それによって却って最悪の事態が引き起こされ、街そのものが金魚毒に飲み込まれていきます。その状況を打開するためには、ヒロインである”林檎”の存在が不可欠となる訳ですが。。

 ストーリーや設定が突拍子ないので、なかなかストーリーの説明をするのが難しんですが、この作品自体は「文化庁メディア芸術祭漫画部門」の審査委員会推薦作品にもなっています。

 ところが電撃コミックスジャパンが2012年に休刊。 その後、2015年にコミックアーススターで復活を遂げる、という経緯がありました。電撃コミックスジャパンでの既刊本(全3巻)も再版され、5冊目にしてやっと完結を迎えることになったわけです。

 どこか夏休みの終わりのような不思議な世界観と、唐突に現れる謎の<金魚鉢男>の存在が、何とも独特な雰囲気を作り出しています。

 想像を超えた意外な”結末”を迎えた作品ですが、ある意味では”この世界観を維持しつづけた”ということでもあるのかもしれません。勿論、ここに至るまでのストーリーもなかなか面白く、ワクワクとは違うかも知れませんが楽しませてくれる作品でした。

続きを読む "阿部洋一 「新・血潜り林檎と金魚鉢男」 全2巻 アース・スターコミックス 奉文堂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/05

塩野干支郎次 「雑な学舎」 1巻 シリウスKC 講談社

 なんというか・・・。羨ましいくらい強烈に暴走する、学園不条理(?)ギャグ四コマ漫画といったらいいんですかねえ。

 簡単に説明してしまうと、女子高から急に共学になった学校にたった一人の男子生徒として転校してきた主人公が、謎の組織「雑部」に無理矢理入れられて、日々”女装”をさせられるという・・・。

 もとい、何というか普段は小声でしか喋らないその雑部の部長が、B級映画の”しらね~よ!”的な脇役俳優の名前を<絶叫連呼>しまくる、・・・・そんなマンガです(うん。多分これが正解!!)。

 とにかく超カルトで、誰が知ってるねん!的なB級映画ネタが、読者おいてけぼりで日常会話のように暴走する訳ですが(ちなみにカルトネタは映画だけではありません。。。)、作者の趣味がてんこ盛りという感じです。。

 けど、そのマニアックな話に<ついてけねー!>という人が多い筈ですが(断言)、何というか、、、、判らなくても一周回って面白くなってしまうという、なんだかタモリ倶楽部のような作品、といってもいいのかもしれません。

 まあ、とにかく雑にいろいろなB級ネタを散りばめながら、最後に全部ヒロイン(?)の<絶叫>で持っていってしまう(爆)、そんな作品だと思って気楽に・・・・。いやまあ、読む人は選ぶかもなあ。

 上にも挙げたように、タモリ倶楽部が<内容がマニアック過ぎて全然知らない分野な内容でも>楽しめる人であれば、思いっきり填まれる作品じゃないかな、と思ったりします。
  

続きを読む "塩野干支郎次 「雑な学舎」 1巻 シリウスKC 講談社"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/13

ツナミユウ 「つまさきおとしと私」 全2巻 KCx ITAN 講談社

 なんと・・・。全1巻かと思いきや、続刊がでました!
 けど、新刊案内に出ているのに、延べ5軒くらい本屋を探してしまいました。。 KCxなら青年コミックかと思ったら、ITANだからジャンル的にはレディース系なのですね(汗)。そりゃ見つからんわ。

 靴のつまさきを切り落とす妖怪「つまさきおとし」と、唯一、その小さな妖怪が見える女子中学生、長妻 咲の、、、熱愛・・・??

 ぶっちゃけ、神出鬼没な妖怪を、それを上回るストーキング能力によって追い続け、つまさきを切る行為を”愛のまなざし”で解説し、そして”愛によって”追い詰めていく、、、妖怪の「とし君」は日々、その精神攻撃に耐えながら自問自答するという戦いを強いられる、、、、という、サイコホラー作品です(違

 その果てには互いに存在しなければ生きていけなくなる、という<大いなる勘違い>というより、<精神的に追い詰められた者の末路>に行き着く、、、のか?? な、ある意味では凄い漫画だったりします。

 まあ、1巻からそうな訳ですけど、何か気まずいけど口に出せないもどかしさを感じている、あるいは他の人に感じさせる行動をする人のつま先を、意味もなく切り落とす不条理な妖怪が主人公だった・・・筈ですが(数話くらいまでは)、話数が二桁もいかないうちに、完全に超能力でもあるんか!というくらいなストーカー少女に追われ続け、精神的な駆け引きを常に強いられる妖怪を描くことになるという、本当に”サイコホラー”に近い作品になり、2巻ではある意味、その<総仕上げ>とでも言うべき「追い詰められた人間(妖怪)の思考を完全に崩壊させ、洗脳した結果は・・・・?」に至るという感じです。。

 けど、ある意味では純愛というか、全てを捧げる愛を体現し、それに感化されていく葛藤の過程を描いている、とも言えそう・・・ですけど(どこかこう、思いやりや気遣いも芽生えていくという)、やっぱ何か根本的な部分で間違ってると思います(笑)。

 ラストはある意味、”きょとん”としたオチとも言えるかもしれません。人によって評価は分かれるかもなあとも思いますが、そこまでの積み重ねてきた流れを踏まえれば、互いに<永遠の愛>を手に入れた、、、のかも? という意味なのでしょう。

 やっぱ何か大きく間違っている気がしますけど(笑)、本人達がよければそれでいいんでしょう、とゆーことですね。

 巻末には、「蝉丸残日録」とのコラボも”自虐的”に掲載されています。

 いずれにせよ、次回作に期待ですです。

 

続きを読む "ツナミユウ 「つまさきおとしと私」 全2巻 KCx ITAN 講談社"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/09

クール教信者 「ホロビクラブ」 全1巻 チャンピオンREDコミックス 秋田書店

 短編集ということですが、本作品には大まかに2本の連作と2本の短編が収められています。

 一つ目はタイトルの「ホロビクラブ」連作。人類の滅亡についての大学ゼミに集う男女の禅問答のようなやり取りを描いた作品で、女性の先輩の異様(異常?)さと謎さが際立つ感じです。

 これは雑誌の廃刊で若干、宙を浮いてしまっていたような作品だったようですけど、変な話、着地点がよく判らないながら、「こういう場合にどうする?」という屁理屈だらけなやり取りと答えの中に、結構深いものがあったりなかったり。。。?
 案外、サラッと読むと面白かったりします。

 「うさぎのフラウ」は短編のファンタジーものです。何かどっかで見たような・・?と思ったら、作者が原作をやってる「ピーチボーイリバーサイド」に出てきてましたねえ。同じ世界観を共有する作品のようですけど、フラウさんカッコウ好すぎ(笑)。なんか急にファンタジーものの原作ってのもビックリしたんですけど(まあ「メイドラゴン」もあるか)、こういう下地があったんですねえ。

 「ハッピーデイズ」は、、、不条理ギャグなのかな?? ちょっと冒険したというか実験的というか(以下自粛

 最後の「キリのいいところで。」は、突発的に何だか始まる世界も守る特撮ものの世界!って感じで巨大なアレとアレが戦ったりするんですが、終わりありきの短期集中連載ということで、最後のオチも、実に”キリのいいところで”終わっています(笑)。

 方向性が全く異なる短編を集めた感じになりますけど、日常系なギャグコメディーがメインなイメージもありますが、色々な引き出しがあるんだなあ、ということと、さりげなく各キャラの心理的な深いところも描いている(それはほぼ全ての作品に共通するんですが)あたり、いろいろと楽しめる幕の内弁当的な短編集といったところです。

  

続きを読む "クール教信者 「ホロビクラブ」 全1巻 チャンピオンREDコミックス 秋田書店"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/05

小池桂一 「ヘブンズドア -小池桂一 Ectra Works-」 全1巻 BEAM COMIX エンターブレイン

 脳内麻薬がたっぷり詰まった、小池桂一の短編集の新装増補版です。

 超寡作な作家さんなので、「ウルトラヘブン」の3巻が出たときは、あまりに間が空きすぎて、まだ続いていたのかとビックリしましたが(違)、まだ続いているようです(笑)。
 これもまたそのうち続刊が出るだろうと巻末予告を信じつつ、、。

 知っている人は知っている、という感じですけど、とにかくこの人の作品の特徴は<ヤバさ>といいますか、帯の「ペーパードラッグ」という表現は、本当にピッタリじゃないかなあと。

 夢と現実の垣根を越えて、緻密なビジュアルが誌面の上を飛び回り、不条理とも言える不思議な夢の世界や瞑想(迷走)、幻覚の世界へと誘われます。トリップで埋め尽くされ、そのコマ割の自由さによって幻覚と現実が溶け合うように融合していき、境界がまったく無くなっていく様は、読んでいくともう脳内の認識力が掻き混ぜられていくような、本当に麻薬を経験しているかのような感覚を受けます。

 本当に不思議なのは、別に私たちは麻薬なんて経験したことはない訳ですけど(・・・してませんよね?)、きっとドラッグをやったら、脳というか心の中はこんな風に色々なものが混ざって認識されるのかも、と何の疑いもなく思わされてしまう事じゃないかなあと。。
 夢の中にしてもそうですが、意識が混濁した中だと、あとから考えれば辻褄が合わないような事象や展開も、描写されているように何の疑いもなく受け入れ、その中で流されるように動いている、そこに変な話ですが”違和感”をあまり感じない。

 これは何というか、物語の構成自体が、それぞれの人々がちょっとは経験したことのある<夢>とか熱にうなされている時の<妄想><幻覚>で受けるイメージを、かなり的確に漫画という構成物の中に再現できているからじゃないかなあと。。恐らくそれらの入口というか、とっかかりの経験を介して、そこからさらに広げたイメージ世界が<本当に脳内の幻覚世界>であると認識させられてしまうと。。

 まさに脳内バーチャルリアリティーの世界かもしれません。。

 掲載されている多くの短編の中には「現実の時間軸」という視点が何らかの形で組み込まれています(全て妄想の中としか思えないものもありますが)。そういう立ち位置を確認出来たとき、そこまで描かれていた不思議な物語が、<脳内で作られた妄想や夢>であったことを認識することができます。この軸がなければ、本当にドラッグ状態に陥ってしまうかもしれないなあ、という感じもしますね。。

 夢や幻覚の世界って、映画などのビジュアルでも色々と再現されてはいますけど、漫画でここまでの表現ができるということが、本当に驚愕だなあと。
 逆にこれを元にして映像化って絶対無理じゃないかなと。もし仮に出来たとしたら、見ている人が現実感を失いかねない、もの凄く危険な動画になってしまうような、そんな気がします。。

 

続きを読む "小池桂一 「ヘブンズドア -小池桂一 Ectra Works-」 全1巻 BEAM COMIX エンターブレイン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/03

まつだこうた 「超人間要塞ヒロシ戦記」 1巻 イブニングKC 講談社

 なんかこう、想像力をかき立てられながら、常に「・・・本当にそうなの?」という疑問を抱かせる不安な要素で突き進む、そんな風変わりな作品です。

 料理店で普通にアルバイトをしているフリーター「ヒロシ」。同じバイト仲間の「しずか」ちゃんは無表情で愛想もない彼に恋をするわけですが、実はその「ヒロシ」は、小さな宇宙人達が宇宙船を作り替えて人そっくりに作り、王族を中心として国家を形成している<人間要塞>であったのです。。。。
 まあ、何というか「マクロス」みたいな?(←全然違っ)

 というと、まあSFといえばSFですし、要塞の中での”人間”模様(お姫様を中心として、議会や駆け引き葛藤あれこれ)を見ていると、何となく宇宙ものの群像劇として構成されているんですが、「しずか」に翻弄される度に起きる「ヒロシ」の中でのパニック状態を見るにつけ、「・・・これ本当に宇宙人が中にいるの?」と疑問を投げかけられるわけですね(笑)。

 要するに多重人格の究極の形みたいにも見えてきますし、実は一種の寄生虫みたいのを擬人化しているようにも見えてきたり、、、、要するに、そういう<疑念>を常にどこかに抱かせつつ、なんか妙に律儀に群像劇が繰り広げられるという、そういう作品なわけです。

 まあ、起きる事件は今のところ、彼女が一方的に好意を寄せるが上のイベント(ちゅーとか、合コンとか)でしかないのですが、「ヒロシ」の中では大パニックです。彼女とおつきあいする訳にはいかないわけで(国家的にはw)、それをいかに避けるか、熱心な(けどなんか滑稽な)議論を繰り返したり、なんかもう勢いで誰かが暴走して行動してみたり。。さらに地球時間とは違う時間(数時間程度が数日に換算されています)で生きている彼らは、<彼らの生活を守るため>に、ありとあらゆる可能性を考慮し、何が最善かを模索しながら、長時間、「しずか」と対峙しなければいけないと。。

 ある意味、心理的な劇中劇のような描写の漫画は多数あるわけですが、このSF的な設定が<本当>かどうかもあるにせよ、ここまで「ありそうなイベント(バイト先の娘が好意を抱いてくれた)」だけで、よくまあこんなパニック作品を作れるなあと、感心することしきり。

 ある意味、体内の細胞達の日々の活動(戦い?)を描く「はたらく細胞」にも通ずるところもあるかなあ?

続きを読む "まつだこうた 「超人間要塞ヒロシ戦記」 1巻 イブニングKC 講談社"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/07

イシデ電 「逆流主婦ワイフ」 全2巻 BEAM COMIX エンターブレイン

 1巻のコメントはこちら

 主婦というキーワードだけで、様々なジャンルの物語を繋ぎ合わせたオムニバス作品集です。

 初っぱなの第1話のインパクト、その後に続く強烈な登場人物や物語の意外性に惹かれるわけですが、全体的な展開が、そこから入った読者の期待感からベクトルが少しずれちゃったのかもなあ。。というのが残念至極。

 物語はオムニバスでありながら、それぞれの世界観がどこかで小さく繋がっている。そして2つの登場人物がコラボするという、ある意味では極普通にオムニバス式の連作では使われる手法ですけど、私はこの手法は結構好きだし、意外性も絡めてよく考えられているなあ、と思ったりしました。

 ただ、読み切りのオムニバスという形式では、やはり最後はオチというか種明かしもしなければいけない。1話単位で読み終えると「なる程なあ」と納得もできて楽しめるのですが、要は最初の登場時に、”売り”の部分を全部出し切っちゃった感があったかもなあと。。

 同じ登場人物がその後の短編に出てきた時、「一発芸」で注目をかっさらってしまった後だと、「新しい芸は?」と問われる状況ができてしまったのかもなと。各々の登場時のインパクト以上の”芸”は出てこないので(どちらかといえば、裏設定をより細かく描写していくというスタイルですから)、そういう暗黙の期待に応えきるのが難しくなってしまったと。。要は2回目以降の登場時のハードルが上がってしまったということかもなあと。

 主婦というキーワードからは想像できないようなインパクトのある短編を読んだあと、当然続きモノにも同じインパクトを求めちゃう読者が結構いたのかもしれません。新たな物語がどんどん綴られているうちはいいんですが、2巡目あたりで再登場すると、「・・・?なんか違う?」と感じてしまう人もいたんでしょうかね。。
 さらにいえば、シリーズ物を一話完結式に順繰りに出していく、という形だったので、オムニバス短編とは若干違う感じだったかもなあと。2回目以降の登場時に、その前のストーリーの予備知識がないと、ちょっと内容が判りにくかったりするところもありましたし(雑誌購読では辛いかも)。

 こういう形式のオムニバス式の短編集は色々出ていますけど、話が全てでどこか繋がっているのであれば、何か軸がほしい気もしますね。この作品的には<主婦>という軸がそれに相当しますが、その軸となる定義を<幅の広い意外性>で破壊していることが売りであるものの、却って軸受がどこにあるのか掴みにくくなっちゃった感があり、(私みたいに変な奴じゃないと)作品の主題(軸足)がどこにあるのか、ちょっと掴めなくなってしまうのかもなあと。。

 私はどちらかといえば、この作者さんの持ち味は、無関係そうな物語も上手にパッチワークのように繋げていくこと、そして謎や意外性を醸しだしながら上手にストーリーを綴っていくことかなと思います(個人の感想です)。「餅巣菓さんに呼ばれる」なんかも意外性の集大成な気もしますし、「私という猫」とか叙情的な物語作りも上手いですから、2巻あたりはそういう本領部分もどんどん出てきたなあと思った矢先、終了ということで。。。

 この終わり方なら続きを描くことはできると思うんですが、どうでしょう?

 色々な整理に少し時間が掛かるかもしれませんが、いつか続編を期待してみたり。。
 
 ※あくまで勝手に思ったことを書いているだけなので、正しいとは限りませんのであしからず。。

続きを読む "イシデ電 「逆流主婦ワイフ」 全2巻 BEAM COMIX エンターブレイン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/30

木村享平 「不思議なゆりこさん」 1巻 モーニングKC 講談社

 いわゆるコミュ障な雰囲気の女子高生ヒロインと、”不思議な”転校生ゆりこさん。不思議すぎる言動や行動を伴い、妖しすぎるオーラを醸し出しながら彼女に”迫る”ゆりこさんの正体はっ!

 って、初っぱなから「宇宙人」って言ってますけど。

 ・・・えっ???


 雰囲気については、言葉で表現するより公開されている第1話を見た方が手っ取り早いですね。

 なんかもう、最初に「・・・これ掲載誌なんだっけ?」と背表紙を見直してしまったくらい、人によっては違和感を憶えるかもしれません(笑)。一昔前なら、ガロやアックスに載っていてもおかしくない、ヘタウマ系というか、そういう作風です。まあ、モーニングにもこういう作品を受け入れる土壌は昔からあったので、改めて考えてみるとアリなんでしょうね。

 もう2ページ目から全力疾走状態で、「ゆりこさんワールド」に引き摺り込まれてしまいます。

 絵がうまい訳ではないですが(というのを褒め言葉に使うべきなのかもしれませんが)、キッチュな宇宙人がてんこ盛りで、宇宙人なので常識の概念が地球と違うってことで何でもあり、ネーミングセンスも半端ない(80年代のB級SFのセンスか、あとコメディ系の演劇でもなんか出てきそうな感じ?)、不条理な雰囲気もあるギャグ系漫画なんですが、けど案外、物語に破綻がない構成できちんとオチまで持って行くので、万人には勧められないかもしれないんですけど、抵抗がなければその不思議な世界観に取り込まれ、楽しめてしまうんじゃないかなあと。。

 正直に言えば、第1話の飛ばしすぎな破天荒ぶりに、一寸読み始めから引き気味に見ていたんですが(・・・このノリで最後まで続けられるのかな?と)、読み進めていくうちに、他の個性的なキャラだけではなく、コミュ障気味なヒロインもノリノリになってきて、新たなコミュ障やらマッドサイエンティストやら、おかしなキャラも増えてきたお陰で、逆に第1話以上にその後の流れも楽しめる感じになっています。

 雑誌で括るのはアレですが、やはりモーニング系侮り難し、です。。
 他の雑誌ではなかなか載らないだろうなあ。

 けどこれ、1巻と書いてあるんですけど、時系列的に2巻はどういう展開になるのだろう?
 
 

続きを読む "木村享平 「不思議なゆりこさん」 1巻 モーニングKC 講談社"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/13

平方イコルスン 「スペシャル」 1巻 トーチコミックス リイド社

 大判ではなく、B6版での初出版と共に連載となったようで。

 とある女子高の女学生達の日常を描いた物語です。
 クラスメイトに、ヘルメットを被り続ける不思議系な少女が一人。その彼女が気になった転入生は、様々な憶測をしながら話しかけるうちに、その悩みと違和感の正体がわかってくるわけですが。。。

 ”コントロールできない怪力”というスペシャル(特別)な悩みを抱えた彼女を中心に、彼女に負けないくらい”個性的”な普通(?)のクラスメイトその他の人々との日常のやり取りを描く、そんな作品です。

 ・・・いや、なんか主人公の枠を喰われてないか? 周囲のキャラに。
 まあ転入生が物語の中心で始まる訳ですが、だんだんと個性的なそれぞれのキャラの押し出しが強くなっていく感もあり。教師からして変だし(笑)。

 流れるようなやり取りだけど、よく考えてみるとどこかずれている会話の応酬と、「無言で表情で感情を語るコマ」なども適度に駆使しながら、そんなどこか変だけど”日常感”漂う学生生活が描かれていきます。
 やっぱり、会話の流れからコマの流れまで、本当に独特感がありますよねえ。

 ついいろいろな漫画を紹介する際に、「これは○○的な感じ」とか「○○に似ている」とか、「○○が好きならOKかも」とか、過去の作品や作家さんと比較して紹介しちゃうんですが(まあ、その方が文字だけを読む人にも想像しやすいですからね)、この方の作風については、私のつたない読書録の中では分類したり似ていると当てはめられるものが見つかりません(汗)。
 あえて「不条理」に近いといえば近いのかなあ、とは思うんですけど、「ソフトな不条理」って感じでしょうかねえ。。

 あとは「落語」に雰囲気は似ているかもしれませんな。のんびりとした落語を絵に描いたらこんな感じになるのかもしれません。

 あ、ちなみに数話くらいはネットで立ち読みができますので、こちらで確認下さいな。

 その独特な間や落語のような会話の応酬など、作品の雰囲気を垣間見られるかと思います。


 

続きを読む "平方イコルスン 「スペシャル」 1巻 トーチコミックス リイド社"

| | コメント (0) | トラックバック (0)