C_日常系

2017/07/25

岡田卓也 「ワニ男爵」 1巻 モーニングKC 講談社

 落ち着いた紳士風の出で立ちのもの書きである「ワニ男爵」と、グルメ情報をかぎつけては彼を誘いに来る(で、費用は男爵持ち)、ちょっと調子のいい「ラビットボーイ」のコンビが綴る、グルメ探訪コメディーです。

 ワニが男爵、という辺りもあれですけど、実に紳士風に、そして大人な対応に満ちあふれていながら、、、時々なんか無意識に”野生”に戻ってしまうという、お茶目(で済むのか?)な面もあり、憎めないキャラといったところです。

 対してラビット君は、若者というか小僧というか、ワニ男爵の財布をある意味では目当てにしている部分はあり、そしてつい愚痴を言ったり、他人を貶したりと決して性格がいいとは言えません。けど男爵はまったく意に介すことなく、子供じみた行為を静かに諭し、そしてラビット君もその心の広さに感銘を受ける、といった凸凹コンビを演じています。

 人間を動物に置き換えた世界観でありながら、「食い倒れ人形」はそのまんまかい!というツッコミ所もありつつーの、動物コメディーとしてもなかなか個性的な動物が次々と登場し、ワニ男爵と絡んでいきます。

 たまに野性に還ってしまうのは置いておいて(よくまあ、他の動物を食べなくて済んでいますが(笑))、ある意味では紳士に、そして人情味に溢れた男爵の対応は、ちょっといい感じです。

 全国のご当地グルメも色々と登場し、それを美味しそうに・・・・って、ワニに表情があるんかい!という部分がありながら、それなのにメッチャ美味しそうに食べさせているところが、・・・漫画の凄いところだなあ、、と改めて思ってしまいました(笑)。

 グルメ漫画として読むよりかは、人情動物コメディーと思って読む方が正解だと思いますけど、それでも色々な要素をバランスよく、そして非常にセンスよく並べた作品だなあと思います。
  

続きを読む "岡田卓也 「ワニ男爵」 1巻 モーニングKC 講談社"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/12

中村朝 「僕達の魔王は普通」 1巻 ガンガンコミックスONLINE スクウェア・エニックス

 もう表紙で80%くらいネタバレしておりますが、魔王への道のりを弟に譲り(勝手に言っているだけですが)、人間の保育士の道を目指そうとしてしまう、何だかベクトルが変な方向に向いてしまった魔王候補の兄を巡るドタバタ・コメディーです。

 まあ、親の教育その他で覇道を学ばされ、皆の前では<指導者を演じる>ことにも真面目に取り組む、変な話、生真面目な魔王候補が、とあるキッカケで出会った保育園児との交流を通じて、なんだか変なスイッチが入ってしまったといったところです。

 ドタバタの原因は、このどこかネジがずれた主人公もそうですが、いわゆる次男という立場に甘えて、口では「次期魔王は俺だ!」とか言いつつ、本気で譲られたらそんな面倒なものイヤや、という弟もあり、まあその従者達もどこか抜けているというか、ベクトルがそれぞれおかしいという、パワーは半端ない筈ながら、何だかゆるゆるな魔物達。。

 とにかく何というか、生真面目で髪サラサラな兄上様の、何かというと悪に肩入れしてしまうという性格というか性質が、なかなか絶妙です。絵本の読み聞かせをするというのですけど、例えば桃太郎でここまで魔に肩入れしてアレンジしちゃうか!というくらい、それが嫌な監督役の保育士との掛け合い漫才の世界に突入してしまうというか。。

 全体的に<悪魔>といっても、怖さからは無縁でほのぼのとした展開。ある意味、何に対しても気を遣い(園児にも、そして魔物の立場にも)、無表情ながら明るく人間界に溶け込もうと努力する(もう殆ど違和感がないレベルに達してますが(笑))、そんな主人公のキャラが、この作品の雰囲気の全てを作っている感じです。

 どこか歪みつつも、こういう教育もありなんじゃない?と頷いてしまいそうな保育士修業を描く、そんなコメディー作品です。
 

続きを読む "中村朝 「僕達の魔王は普通」 1巻 ガンガンコミックスONLINE スクウェア・エニックス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/15

福田泰宏 「まどからマドカちゃん」 モーニングKC 講談社

 雨宿りで軒先を借りた部屋の窓から、無言のまま様々な「お誘い」をしてくる美人と、ただの通りがかりのサラリーマンの、窓を挟んで展開するオムニバス・ショートコントといったところですかね。

 このコントの縛りは、「窓」という枠を通じたコミュニケーションと、互いの不可侵(サラリーマン君が部屋の中に入ったり、また彼女が部屋から出てくることもない)、そしてヒロインが「無口」で身振り手振りで全て伝えるのみで、一言も喋らない、ということ。

 この3点の縛りを踏まえて、ほぼコントというかは不条理ギャグのような、美女とサラリーマンのやり取りが展開していきます。

 部屋の中は異次元ポケットかよ!っというくらい、衣装や内装がガラッと変わるのはまだしも、突如”釣り●”が出来たりと、ほぼ何でもアリな状態。ある意味では、ドリフの大爆笑ショート・コントといった味わいでしょうかね。

 それにプラスして、美人ですからそれなりのサービス・・・は、まあ最低限ありますよ、ということで。

 落語的なノリというか、そういうほのぼのとしたコントや不条理ギャグが好きな人にとって、結構楽しめる作品じゃないかなあと思います。

  私はこういうノリの作品、かなり大好きです(笑)。
  

続きを読む "福田泰宏 「まどからマドカちゃん」 モーニングKC 講談社"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/26

史群アル仙 「史群アル仙のメンタルチップス 不安障害とADHDの歩き方」 全1巻 秋田書店

 作者が自分の不甲斐なさにさいなまされ、誤診による薬物障害で迷走し、ある日やっと”自分を発見”し、そしてネット上で”史群アル仙”が発見されるまでを描いた、ある意味では「史群アル仙のこれまでの足跡」を、ADHDという障害との長い付き合いを通じて淡々と綴った、そんな一作品です。

 作者が抱えていた数々の問題や、自分でコントロールできない感情、情動を淡々と綴っていますが、何かに集中しすぎると周りが見えなくなるとか、ついつい思った通りの事を喋ってしまって湿原を繰り返す、という辺り、私自身も少し経験があるというか、、、思い当たる節は沢山あったりします。。まあ、生活に支障を来すほどの悩みや大失敗、とまではいかない程度ではありますが。

 とはいえ、私自身がADHDなのか、という話ではなく(とか言いつつ、簡易チェックはやってみて陰性でしたが(汗))、ある意味ではその延長線上に、”生活に支障を来す程の問題”となるレベルで悩み続けた作者がいたという、、、つまりはADHD(注意欠如多動性障害)は、病気というわけではなく線引きというか”程度の問題である”という事を、改めて認識させられた、という感じですね。

 現在も別に症状が直った訳ではないようですが、自分自身が何なのか、何故そう行動をしてしまうのか判らない、理解ができない、、、幼少の頃からそんな生活を続け、そしてアルバイトや仕事でも失敗ばかりで、まともに働くことも困難を極め、そして最悪なのは”ヤブな精神科医”(・・・という表現は、作者は極力避けているようですが)に当たってしまった為に、さらにアンコントロール状態に拍車が掛かり、、、とうとう精神病院に自主入院するところまで追い詰められてしまったという。。

 それを救ったのは、いろいろな意味で周囲の人々の気遣いだった、ということなんですよね。

 勿論、周りの人もなぜ作者が極普通と思われることが全く出来ないのか、不思議でしょうがなかったと思います。本人以上に。けど、ある意味では、それも”個性”と捉えて支え続けてくれたということですよね。。

 私はネットではなく本屋さんでの初見でしたが(デビュー作「今日の漫画」)、1ページめくって、2ページめくってと1ページという短編を読み進める中、こんな話をたった1ページに収めるのは凄い才能だなあと思ったんですが。。

 実は、それが完全に<誤解>であったことが、この本を読むことで判ってしまいました。。
 要するに”発見された当時”「1ページというスパンでしか作品を作れなかった」んですね。この症状のために。

 けど、その1ページの中に、何故ここまで訴えかけるような深いメッセージが込められるのか、というのも逆にこの”症状”如何だったような気もしてきます。そして、ある意味では”才能”として開花した部分でもあったのだと思います。

 本人も発表直後、ツイッターのフォロアーが爆発的に増えるのを見て恐ろしくなったでしょうけど、当時”発見”した人達も、本当にビックリしたんじゃないかなあ、と思ったりします。それだけのインパクトが、1ページずつの作品の中に押し込められていましたから。

 ADHDについて理解して欲しいという作者の想いと共に、この作品はある意味では”史群アル仙のautobiography(自叙伝)”とも言えるんじゃないかなあ、と思ったりしました。

続きを読む "史群アル仙 「史群アル仙のメンタルチップス 不安障害とADHDの歩き方」 全1巻 秋田書店"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/24

横山旬 「あらいぐマンといっしょ」 上巻 BEAM COMIX エンターブレイン

 愛用していたアライグマのぬいぐるみを、彼女と一緒になるために捨てようとした際、落雷にあって意識不明のまま病室で昏睡し続けていた一人のサラリーマン、、、数年後にひょんな事から目覚めてみると。。

 奇想天外&ノンストップな、ドタバタ珍道中、といったところでしょうか。

 何を書いてもネタバレになっちゃいそうなので難しいところですが、簡単に言うならば意識のない時にも病院に通い続け、実家に”痕跡”を残していった彼女を、小さな手がかりを元に探して訪ねる、そんな”旅”物語です。”

 けどまあ、旅というかは珍道中、さらに言えば”大冒険”みたいな事になっちゃってますけどね。

 そのお供は病院で出会った、ちょっと何かが足りない大声の大男。ぶっきらぼうで”足りない”ながらも、じつに実直で真面目で人を疑うことも知らない、ちょっと扱いにくい相棒と”ぬいぐるみ”が、様々な出会いやトラブルに振り回されながら、少しずつ目的の核心に迫っていくという、、そんなお話です。

 上下巻なので次で終わるんですけど、そもそも読み始めてからのぶっ飛びぶりが半端ないですね。。

 想像を超えて展開するトラブルと、やけくそな主人公の異様なまでの”順応力”でもって、まさにジェットコースターのようにお話は進んでいきます。

 ただ、途中のトラブルやドタバタや葛藤を省いてしまえば、物語はいたってシンプルで判り易い構図でもあるので、いろいろな意味で脱線と暴走を繰り返しながらも、ストーリー自体を見失うことはありません。

 まあ、<驚愕の事実>が下巻では待ってそうな気もするのですが、、、上巻だけを読んでしまうと、どんだけ奇想天外で想像を超えた事実がそこにあっても、この主人公なら<まあいいか>って(いいかげんに)順応して乗り越えてしまいそうな、そんな気もしたりします(笑)。

 そういう意味で、暴走しまくりな物語ながら、ちょっと安心して読める、ドタバタコメディーといったところですね。
 

続きを読む "横山旬 「あらいぐマンといっしょ」 上巻 BEAM COMIX エンターブレイン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/18

おざわゆき 「傘寿まり子」 3巻 KCDX 講談社

 「傘寿=80歳のお祝い」というのをあまり知らなかった私です(汗)。

 主人公はそのまま、80歳でひ孫もいる、小説家のおばあちゃんです。

 旦那さんには先立たれ、息子夫婦と同居をしていたわけですが、もの凄い理不尽な話ですが(・・・けど、実際にあり得る話なのかなあ、、)、家のリフォームを家人で検討する中、主人公の部屋は作らないという強硬な嫁の自己主張(主人公の持ち家ですよ?)に嫌気がさし、家出することにした主人公。。。

 ある意味では、部屋に籠もって小説を書き続けていたために、世間知らずで過ごしてしまい、そして義理で続いていたエッセイも打ち切り目前という現実にも打ちのめされ、、、

 ともすれば、とても暗いお話になってしまいそうなんですが、そこを乗り越えられたのは、異様な程ポジティブで好奇心旺盛な80歳の性格(笑)。ネットカフェで寝泊まりしながら、若い頃に憧れた殿方と出会い、ラブロマンスが生まれたりと、、、”老人の青春”していたりします。

 ただ、楽しいことや好奇心の赴くままに行動する中、必ずそこに立ちはだかるのは「80歳」という年齢です。。

 家出をして部屋を借りようにも、保証人のない、下手すれば何時死ぬかもわからない80歳に、すんなり貸してくれる不動産屋などある筈もなく。あらゆるところで何らかの形で老人扱いという<差別>をされ、一方的な思い込みで怒鳴り散らされ、、、

 それでも彼女は、逆境を噛みしめながらも諦めず、好奇心という武器を片手に、3巻ではとうとう「ネトゲ(ネットワークゲーム)」にまで突入することになりました。すげー!

 いろいろなことを考えさせられる作品ですが、いわゆる老人を主人公とした様々な作品と少し違うところは、主人公の考えの中には「今どきの若いもんは」とか、「昔は良かった」というような、ありがちな感情が皆無であるということですね。

 ある意味では、小説書きに没頭していたが故に、社会から隔絶されていたわけではなかったんですが、意識が社会から遠ざかってしまった期間が長すぎた、、、ある意味では、若い頃から80歳にタイムスリップしたのに近い感覚なのかもしれません。

 なので、自分の身や周囲の人々に起きる出来事を、素直にストレートに捉えて感想を述べている訳です。自分は老人であるという感覚はなくとも、廻りがそう見るという現実、同年代の人々は自分とは違う考え・立場に置かれているという現実、またある意味では、若者と何の先入観もなくコミュニケーションを取れば、いろいろなことを教えて貰え、判ってくるという現実。。

 家族のあり方、老後の過ごし方、そして老人とは一体何なのか、何ができ、何ができなくなるのか。。

 気持ちは若く、ポジティブな主人公の快活さや好奇心に救われながら、様々な重い現実とともに、ある意味では自分の思いや周囲の視線で、思い込みで作られた<老人>という殻を、客観的に捉えて見せてくれる、そんな作品じゃないかなあと思ったりしました。

 また、様々な事件や出会いが次々に発生し、出会いと別れが次々と訪れるもので、ある意味ではとてもドラスティックな旅というより、御老体の<冒険活劇>とも言えるかもしれませんね(笑)。

続きを読む "おざわゆき 「傘寿まり子」 3巻 KCDX 講談社"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/15

板垣巴留 「BEASTARS」 3巻 少年チャンピオンコミックス 秋田書店

 肉食動物と草食動物が一緒に社会を作っている、そんなファンタジー社会において、学校での演劇部を中心とした青春群像劇、といったところです。

 「BEASTARS」とは、そんな演劇の頂点を極めた校内の称号ということになっています。

 一見、ディスニー映画の「ズートピア」などをイメージしてしまいそうですけど、肉を求める本能を抑えることに苦悩する肉食動物達と、そして肉食動物に対して本能的に怯えつつも表面上は仲良く振る舞い共同生活をする草食動物。。

 本来、相容れない動物達を一つの社会に無理矢理押し込むことにより、楽しいギャグ漫画やアニメの世界とは違って、根本的な問題が生じるわけです。その矛盾にどう無理矢理折り合いを付けていくのか、という辺り、社会の仕組みとして一応様々な<教育手法>が学校では取り入れられています。

 動物仲良し漫画(けものフレンズまで含めて(笑))に対して、この根本的な矛盾をリアルに表現したら一体どうなるのか、という試みの一つとして、雷句誠の「どうぶつの国」という作品がありました。この中では言葉を統一するという形でのカリスマの存在と(種族を超えたコミュニケーションは、言葉の壁があって取れないという前提で、全ての動物とコミュニケーションできる”人間”が数人だけ存在)、肉食動物でも食べられる作物を育てていくことで喰う喰われるという状況を解決していく、という形を取っていました。

 対して、この作品では、かなりシビアな”洗脳教育”のような教育プログラムによる封じ込めと、法治による社会秩序の構成によって、矛盾を孕みながらも一つの共同生活社会を形成しています。

 あまり人間社会などとの比較を行う事は野暮な気もしますが、どことなく現状、人間社会が抱えている矛盾を彷彿とさせるような、そんな錯覚も憶えさせられます。。

 作品としては、あくまで本気で<動物の習性>を理性と社会機構で押さえつけることで、果たして破綻なく成立していくのか、という部分をリアルに描いているような気がします(そういう意味では、人間社会を婉曲的に揶揄している、というのとは少し違いますね)。当然、そのはみ出した欲求のはけ口として、街中には<裏市>という戦後の闇市のようなものが非公式ながら存在が許容されていたりもするわけです。。

 そして定期的に草食動物を狩って食べてしまう肉食獣が、殺”人”犯として指名手配され、社会問題とされていくと。。ただ、殺して喰わないまでも、単なる殺人と置き換えてしまえば、現在社会でもある意味、日常茶飯事な光景とも言えなくもありません(野暮といいつつ、つい比較してしまう(汗))。

 全く文化も異なる、異質なものを法律と社会秩序だけで融合し、生じる矛盾や問題を解決していけるのかという、それをシンプルに肉食動物と草食動物を用い、ある意味壮大な<シミュレーション>をしているとも言えるんじゃないかなあと。。

 そんな中、演劇部で裏方をする灰色オオカミのレゴシは、様々な種類の動物の先輩、同級生などとの交流を通じて、本能との葛藤しつつ、自分が求めているのは何なのか、どうしたいのかを思い悩んでいくという、、、この部分は、まさに<青春物語>と言えばその通りなのかな、と言う気がします。 ←物語のあらすじこれだけかよっ!

 2本脚で服を着て歩いている動物社会という設定ですから、あまり動物の習性どうこうという部分は、リアリティーのある外観以外はそう気にならないんですが、”肉食”という本能を、どこで折り合いを付けて飲み込み、そして社会と折り合いを付けていくのか、、、その辺りを人間社会とも無意識にダブらせながら、考えさせられる作品です。

 

続きを読む "板垣巴留 「BEASTARS」 3巻 少年チャンピオンコミックス 秋田書店"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/12

タイム涼介 「セブンティウイザン」 2巻 BUNCH COMICS 新潮社

 夫65歳+妻70歳。どう考えてもシルバー世代の子供のいない夫婦。

 淡々と仕事をしてきた夫は何の感慨もなく定年退職の日を迎えたその夜、70歳の妻から聞かされた大事なお話とは、、 「妊娠しました」、の一言でした。

 70歳で迎える<初産>。。。

 体外受精でも不妊治療を改めてしたわけでもなく、突然の”自然妊娠”という突拍子もない現実に、この二人はどう向き合っていくのか。。そんなある意味、<ファンタジー>とも言えますが、年齢という<現実>に厳しく立ち向かわなければいけない、二人の出産・子育て物語です。

 1巻は出産編、そして2巻は育児編(首がすわるまで)を描いています。

 とにかくあらゆる事がグルグルと頭の中を巡ってしまいます。。

 いわゆる不妊治療の一環として「体外受精」なども一般的となりつつあり、40歳を超えての出産も、まだまだ例数は少ないながらも数十年前に比べれば確実に増えてきました。

 その中で色々な問題が生じてきますが、不妊治療の辛さや成功確率がまだまだ低いことは別の体験エッセイにお任せするとして、「実際に産むことになったあと」について、コメディータッチながら、本当に真剣に考えさせざるを得ない、そういう作品になっています。

 40歳で子供を運良く授かったとして、その子が成人する頃には母親は60歳です。父親は成人するまで仕事に就いていられるか、それも真剣に考えないといけないわけです。

 ましてや70歳、、、どう考えても「おばあちゃん」の歳です。義務教育を終了するまで元気でいられるか、というより変な話、いつ何時、体調を崩して倒れてもおかしくない、そんな綱渡りしていてもおかしくない年齢ですよね。

 そんな妻を支えるのは、定年退職して悠々自適な老後を妻と凄そうと考えていた、仕事一筋のごく普通の夫です。

 ある意味、定年退職後の育児という設定にしたところは、偶然なのかも知れませんけど効果的な設定になっているな、と思いました。

 定年後に孫ならまだしも、子供が出来るなんて設定は通常あり得ないですが(笑)、あり得ないからこそ<ファンタジー>であり、極端な事例を踏まえた<高齢出産後の子育てシミュレーション>になっているわけです。

 ある意味、毎日ヒマな旦那さんを子育てのアレコレに参加させることは、夫が忙しければ全て妻がやらなければいけない手続きその他が、それがどれだけ膨大な量で面倒極まりないなのか、改めて男性からの視点からも描けているんじゃないかと思うんですね。

 大抵、この繁雑な作業は妻だけが抱え込み、愚痴ってしまうだけで終わりがちですが、高齢出産後の妻をサポートせざるを得ない立場の夫に、それを経験させつつ語らせ、考えさせているわけです。

 後期高齢化社会というだけではなく、高齢出産社会というものも、ここまで極端な事例はまずないでしょうけど、ある意味、現実問題として今後、考えていかなくてはいけないでしょう。ここでは育児という両親の問題として描かれている訳ですが、成人するまで両親が健在とは限らない、子供自身の問題についても、社会としてどう援助していくか、考えていく必要があるのだろうと思います。

 改めて高齢出産と高齢育児という現実問題にどういう心構えで取り組んでいく必要があるのか、いろいろなことを考えさせられる、けど問題は抱えつつもとても幸せそうな、そんな物語です。

続きを読む "タイム涼介 「セブンティウイザン」 2巻 BUNCH COMICS 新潮社"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/20

小山愛子 「舞子さんちのまかないさん」 1巻 少年サンデーコミックススペシャル 小学館

 京都の舞妓さんたちが共同で生活する場を「屋形」というそうです。まあそのまま合宿所ですね。

 そんな合宿所のような場所には、当然、給仕専門のおばさんも居たわけですが、急に体調を崩してしまい、仕出し弁当の毎日に。どこか味気ない弁当に飽きて、モチベーションが徐々に落ちていく舞妓さん達を救ったのは、東北から舞子見習いとして来ていた弱冠16歳の少女でした。。

 ここに至る経緯は、物語の中で、各エピソードの合間や回想シーンに伏線として上手に組み込まれ、徐々に明らかにされていきます。結構、回想の使い方も含めて工夫がされていて読みやすいなあと思いましたが、それは読んでからのお楽しみということで。

 まあ、レシピも掲載されてはいるんですが、グルメというカテゴリーとは少し違うかもですね。おばあちゃんっ子だった少女の作る御飯は、ある意味ではありきたりの「普通の」家庭料理ばかり(レパートリーは多く、ありモノでササッと作るアレンジ力もハンパなく、こよなく糠床を愛してやみませんが(違))。
 作中でも女将さんが「地元の子ではないので味付けも違うし、特に美味というわけでもない」と感想は述べていますが、それがある意味、核心でもあります。

 どの順番で作品を組み立てているかは判りませんが、「こういうシチュエーションなら、この人はどんなものを食べたいんだろう?」という、相手の気持ちや状況、そういうものを瞬時に感じ取り、時間を掛けずに食べたそうなものを”作ってあげる”。このプロセスこそが、この作品の持ち味じゃないかなあと。

 舞妓さんは朝から出勤ですが、昼も戻ってくる人もいますし、夜はバラバラに近い感じになります。そういう意味では、四六時中、朝昼晩だけではなく、まかないを作っている感じになりますね。そしておむすびも紅が付かないよう小さく作るとか、慌ただしく忙しく、時間も読めない舞妓さん達に、日々満足してもらえる食事を作り続ける。ある意味では彼女に合った役割に、すっぽりと填まったというところでしょう。

 ただし、日々、舞妓さん達のためにまかないを作り、それはそれでとても楽しそうにこなしている彼女ですが、そもそも論で彼女は”舞妓見習い”として上京してきたわけです。彼女と一緒に出てきた同郷の幼なじみは、舞妓を目指して着々と修行を積んでいるわけです。

 ある意味、忙しいながらも充実している・・・ように見える、まったく気にしていない風な彼女ですが、ある意味では線路から外れてしまった彼女が、今後どのように心の折り合いを付けていくのかなあ、、、というのが気になります(2巻以降で、その部分は描かれていく感じのようですが)。

 ごく普通の「まかない飯」を通じて、舞妓さんの生態や規則など、そういうものもしっかり紹介されていて、どちらかといえばグルメよりは、そちらがメインと言ってもいいような気もするんですね。それを”まかない飯”という切り口から、しきたりや裏事情、苦悩などの業界的な知識も含めて、上手に伏線などをうまく使いながら、ドラマとして組み上げられている、そんな作品かなあと思います。
 

続きを読む "小山愛子 「舞子さんちのまかないさん」 1巻 少年サンデーコミックススペシャル 小学館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/14

関口太郎 「東京のらぼう」 1巻 角川コミックス・エース 角川書店

 東京の秘境(違)、あきる野市に移住した漫画家一家(夫婦+姉+弟+妹)の田舎暮らしの日常を描いた、プチアウトドア作品です。

 東京の秘境と書きましたが、本気で秘境なのはその西隣の「檜原村」です。何が秘境って、電車(五日市線)は、あきる野市までしかありません。その先はバスのみ。そこは行けば判りますが、東京都と言われてもにわかに信じ難い、いきなり長野の山奥みたいな雰囲気の場所になっているんですね。

 あきる野市は、その檜原村の入口にあたります。北は青梅市、南は八王子市と、それなりには田舎ながら都会に挟まれた丘陵地に相当しますが、それなりには平地があるので住宅地もありながら、やはり交通の便が微妙に微妙、、、なので、東京のベッドタウンというには少し何かが足りない、そんな秘境と都会の中間点にある街だと思ったらいいんじゃないでしょうか。

 住んでるわけではないので、ちょっとうまく説明しにくいですが、、、まあ大雪が降った場合に2~3日は除雪が来なかった、と嘆いていた知人(あきる野市在住)が言っていましたので、まあそんなところです(ちなみに知人宅には、キツネやタヌキが出没するそうで、調査に使う自動撮影装置の動作テストが捗ると言っていたような)。

 脱線しましたが、そんなあきる野市の界隈であれば、ちょっと動けば動植物が豊富な小川や水田、そして林などが沢山あると思います(まあ、案外植林地も多いんですけどね。あの辺りの山は)。一応それなりに開けていながら、ちょっと脚を伸ばすだけでアウトドア&自然を満喫できる、そんな日常生活を描いているのがこの作品。

 ある意味、自然にちょっと憧れた、けど都会の生活も完全には捨てきれない(というか漫画描くのが職業ですが(笑))、そんな感じの立ち位置なので、若干自然の知識などは初心者感がありますが、そういうところから素直に自然遊びを楽しむ、というスタンスでいいんじゃないでしょうかね。

 まあ、小さい子供に自然を守らなきゃとか、そんな話をしたってつまらないと無視されるだけです。そういうのは抜きにして、いろいろ捕まえて、いろいろ見て、いろいろ遊ぶのがいいと思うんですね。そういう意味では、自然がどうこうというより、子供を育てる環境としては、とても理想的でいいなあと思ったりもします。

 ある意味では、現代の人には丁度いい距離感で、自然を楽しんでるなあと思ったりします。

 ただ一つだけ。。この作品では全然気にならなかった部分ですが、こういう作品は本の知識とかではなく、実体験を主体に描くことを念頭に入れて戴きたいなあという希望です。「とりぱん」もそういう「自分で見たこと」を主体に描いている作品なので、デフォルメされていようが知識が乏しかろうが(笑)、多少擬人化しようが、実際に見ている行動を描いているので、あまり違和感はないんですね。
 これを実際には見ていないで、図鑑の内容やちょっと検索したネットの内容、チラ見したテレビの内容を元にしていろいろと描くと、何かしら間違った描写をしてしまうことがあり、違和感を生んでしまいます。。

 そういう「漫画の中の違和感のある生物の描写」については、また改めて書こうかと思います。

続きを読む "関口太郎 「東京のらぼう」 1巻 角川コミックス・エース 角川書店"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧