C_芸術系

2017/09/30

宇佐江みつこ 「ミュージアムの女」 全1巻 株式会社KADOKAWA

 B6変形版なのがちょっと惜しい、博物館や美術館、そういう場所の展示会場の隅に、ひっそりと佇んでいる<監視係>の方々のお仕事について描く、4コマ形式の作品です。

 人間をネコに置き換え(ますむらひろし的な)、何というか、とても丁寧な語り口で、ちょっとクスッとするような言葉廻しや展開を入れてくる、読み物としてもとても楽しい作品ですが、ちょっとへりくだって監視係のお仕事や日常を描いてくれている中で、なる程というトリビアが沢山ちりばめられています。

 わたしは知識とかはからっきし無いくせに、なんか美術館とか博物館に行きたくなってしまい、地方に行くと、ちょこちょこ寄ってみたりしています。意味が判らないながらも、現代アートとか近代美術、あとは日本画なんかは好きで、、、、好きな割には作者名なんて憶えられず、毎回、絵の横に書いてある解説を読んで、「ふんふん。」なんぞと言っている、変な観客です。

 東京でもたまに企画展に行くことはあるんですが、激混みで死ぬような思いをすることも多々、、、それに比べれば、本当に地方の美術館は空いていて(こらこら)、案外、「あれ?こんな作品が?」というものが、ひっそりと置いてあって、本当にじっくりと見られるので、結構お得感もあって楽しいんですよね。

 そんな中、確かに各美術館の展示室には、ひっそり座っていたり、あるいは立っている女性の方々がいるのは気になっていましたが、その方々がどういう立場の人なのか、一日中座っていて飽きないのか(こらこら)とか、改めて考えると疑問だらけなこの部分が、この作品を読んだお陰で全て瓦解しました。

 ただのパートのアルバイトだと思っていた方々は(大変すみません。。)、学芸員資格を持った方々だったのですね。勿論、資格を持っているだけでは博物館等の「学芸員」になれる訳ではなく、ある意味、展示全体を構成する「学芸員」と、「監視係」については、作中でも非常に気を遣って丁寧にその違いを解説してくれています。美術系といわゆる文系の大学での学芸員資格の違いなども、実に判り易く解説されていました。

 何というかですね、この解説自体、色々なところに散りばめられているんですけど、とても判り易く、長文で4ページくらいで解説しているページも、本当に読みやすいんですよね。こういう部分って、やはり様々な作品の解説を読んだり、判り易く簡潔に説明してくれる学芸員の方々の言葉を吸収されることで、自然と身につけられたのだろうなあ、と思ったりもしました。

 そういえばうちの大学にも文系で美術史等を扱う学部があり、絵も描かないのに美術の勉強していることを他の人になじられ、意気消沈していた同級生もいたんですが(学芸員の資格も頑張って取っていました)、なんかこの作品を読んでから、ああ、きっと彼女達もその後、こういう道に進んで楽しく活躍している、あるいは楽しんで鑑賞をしている人もいるんだろうなあ、と改めて思ったりもしました。

 とにかく、「気になった人達が、なる程こういう人達なんだ」ということが判ったことが、本当に収穫と言えば大収穫な、そしてその日常を垣間見ながら、くすっと笑わせて貰える、そんな作品です。


 まあ、一つだけ残念なことは、冒頭にも書きましたがこの作品、変形本であることです。。

 こういう本は本屋さんなどでは、新刊コーナーには並べて貰えるのですが、1ヶ月も経つと本棚に入れられないため、そのまま返本されてしまう確率が高いのです。。
 とはいえ、4コマの横のコメント欄などのバランスを考えれば、作品の形としてはこれがベターにも見えますので、装填の際には拘ったのだと思います。

 願わくば、いろいろな美術館等のミュージアムショップなどに並べて貰えたら、本当にいいだろうなあと思います。。 きっと楽しく来場者に読んで貰えそう。。
  

続きを読む "宇佐江みつこ 「ミュージアムの女」 全1巻 株式会社KADOKAWA"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/17

大塚志郎 「漫画アシスタントの日常」 2巻 BANBOO COMICS 竹書房

 これは恐ろしい本でありまする。。。。

 非常に優秀だけど、ちょっと揉め事も起こしてしまう、渡りの漫画アシスタントさんの視線から、<漫画のマネジメントとは>を詳細に裏側まで露骨に描いている、そんな作品です。

 勿論、作者もアシスタント経験者ですし、色々な付き合いも含めて収集した実例を踏まえた上で、赤裸々な内部事情と共に<どうやって漫画を描くという”ビジネス”を成立させるか>という、心構えも含めたハウツー本的な構成で仕上げられています。

 なんか仰々しく書いちゃいましたけど、普通に読めば「漫画家&アシスタントあるある」な作品ではあります。
 けど、サラッと書かれている危機管理的なチーフアシの仕事(仕事場のコントロール)や、逆境をどう克服していくか、そして現場によくいる”困ったちゃん”のあしらい方等々、実に示唆に富んでいるなあと。

 私は漫画業界の人ではありませんので(学生時代に(ヘタクソナ)同人漫画描いた程度。漫画家さんとお知り合いになった事はありますけど、手伝いをした経験は皆無)、描かれている事がウソかマコトかは保証できませんけど、他の漫画家の生態(?)を描いた作品などでも描かれている内容も結構あるので、かなり真実味が高いことは想像できます。

 そういう過去の漫画家の日常系作品と大きく違うところは、「使えない(能力の低い)アシスタントの使い方」であるとか、「知らずに職場のモチベーションを下げてる奴を糾弾」といった、現実に生じる問題は何とか解決しつつ、そしてどーしようもない奴には鉄拳を!(違)という潔いがゆえに敵も作ってしまう、そんなプロアシスタントを主人公に据えているところでしょうかね。

 ※普通は漫画家さん本人からの視点で描かれることが多いですからね。

 ※漫画家の日常描くと言えば、「燃えろペン」「吼えろペン」などがありましたけど、
  あれは演出が過激すぎて(笑)、どこまでが本当でどこまでが演出だか判らない
  という。。いや面白いですけどね(笑)。

 漫画家さんや多くのアシスタントな方々には本当に耳が痛い、強烈なメッセージも込められています。漫画家として消えていくパターンはどうか、そして万年アシスタントになってしまうのは、心構えの問題ではないかという問いまで、ある意味、キャラクターの性格を利用して(笑)、言いにくいことも全部ズケズケと言いまくりという感じです。
 けど、非常にある意味では、真面目な真面目な後輩達へのメッセージであり、アドバイスであり、「心構えの書」でもあると思います。。

 と、業界の裏側までは知らない私が書けるのはここまでだと思うんですけど、 この作品、正直に言ってしまうと「漫画家やアシスタント」じゃなく、この業界のことに別に興味がなくても、100%楽しめる筈、ということかなあと。

 まだまだ仕事に慣れていない新人アシの使い方や、それぞれのアシへの仕事の振り方など、普通の会社のビジネスシーンでも「うんうん、そうだよな」という風に思える、そんなノウハウも散りばめられているんですよ。そしてアシスタントから漫画家への道を進む際、持ち込み作業は企業のプレゼンに通じるノウハウが必要なんだなと改めて痛感しますし、そして漫画家がアシスタントを使う場合、「自分でやった方が効率いいし何倍も絵も綺麗に描ける」という状況であっても、アシスタントに時間が倍掛かってクオリティーが落ちても仕事をお願いしなければいけない、というのは、普通のビジネスマンならデジャビュなシチュエーションですよね。「アシスタント」を「部下」に置きかえればいいだけです。

 一人前にできないのは判っていても、アウトソーシング=任せなければ<仕事>として成立しない、、、読みながら「うんうん。」と心の中で何度もうなずいてしまいましたわ。ビジネスのノウハウ本としても、十分通用するクオリティーだと思うんですよね。ちょっとウンチクなセリフ廻しは長すぎるかもしれませんけど(笑)。

 サラリーマンの経歴はなさそうですけど、これだけのノウハウを身につけるのに、どれだけ苦労をされたんでしょうね。。
 元々が同人誌での掲載作品で(そりゃそうかもw)、続きはまた同人誌でも出すそうですけど、久々にコミティアに行きたくなってきましたね(・・・いつの間にやら、ビッグサイトに移ってたんですね。。東京流通センターの頃しか行ったことないなあ)。

 

続きを読む "大塚志郎 「漫画アシスタントの日常」 2巻 BANBOO COMICS 竹書房"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/09

大久保圭 「アルテ」 3巻 ゼノンコミックス 徳間書店

 職人などの職業に女性が就くことが非常識とされた中世の世の中で、昔から絵が好きだった裕福な家庭育ちの娘が、絵師を志して厳しい世界に突入していく、そんなお話です。

 この作品の場合、恐らく設定上、悩んだんじゃないかなあと思うところは、主人公であるアルテの出自の設定じゃないかなと。。

 逆境に立ち向かい、どん底から這い上がって一流の職人に、という王道パターンをあえて取らず、「金持ちが職人の世界に」というところ。別に家の事情とかは特に問題はなく、親の反対を押し切って、彼女の意志だけで弟子入りを決めたわけです。

 サクセスストーリーではあるんですが、若干ベクトルが違ってくるところを、あえてこの構成で挑んだのは、少なくとも絵画の極々初期の基本的なところは(父親が手習いという形で習わせていたので)修得している、というところから物語を始めたかったからでしょうか。。
 まあ、それを本当の基礎の基礎から始めてしまうと、物語が冗長になってしまいますし、また女性を弟子にするという当時の慣習からすれば尋常ではない決断までは、単なる情熱だけでは出来ないと(なんか凄い才能があるとか天才現るって設定じゃないと)。

 自分が恵まれた環境で育ったことは意識しつつも、「女に出来るわけがない」という周囲の逆境に、誠心誠意で堂々と努力して挑む、そういう女性を描きたかったのでしょう。

 彼女の元の境遇と職人の世界では、本当に天と地ほど身分が異なります。さらに女性ということで、逆境の大きさは測りしれません。が、「絵師になりたい!」という強い意志と、曲がったことは許せない、そういうまっすぐな心意気で、周囲の人々に少しずつ認められていくわけですね。。

 そういう成長物語と共に、この作品では当時の「絵師」の仕事ぶりや社会システム、画材や技法などの描写が細かくされていて、当時の美術関係の環境などが、実によく判るように描かれています。そういう部分でもなんだか勉強になるなあ、と思って読んでしまったり。

 特に3巻では、表紙でも描かれていますが、広間の天井から壁一面に描かれる巨大な壁画に取り組むわけですが、何十人もの絵師が共同で作業していく様は、なかなか圧巻。こうやってあの壁画達は描かれていたのかと、昔にヨーロッパに旅行したときに見た荘厳な情景と重ね合わせて読んでいました。

 「どうせ金持ちの道楽」という視点でしか見られない中、これからどう足掻いていくのか、女性らしい感性やセンスを、どんな風に発揮していくのか、そんな彼女の日常をのんびりと眺めていると、当時の人々の生活も垣間見えてきます。

 1巻目あたりでは、この難しい設定でどう話を展開するのかなあと思っていたんですが、2巻、3巻と読んでいくと、狙いも何となく判ってきて、心配しすぎだったなという感じでした。
 4巻以降、どんな現場が待ち受けているんでしょうね。。

続きを読む "大久保圭 「アルテ」 3巻 ゼノンコミックス 徳間書店"

| | コメント (0) | トラックバック (0)