« 草野ほうき/三島千廣 「シロクマ転生 森の守護神になったぞ伝説」 1巻 メディアファクトリー KADOKAWA | トップページ | とよ田みのる 「金剛寺さんは面倒臭い」 1巻 ゲッサン少年サンデーコミックス 小学館 »

2018/03/16

岡野める 「殺し屋ドロシー」 1巻 マンガハック

 さて。困ったことに(別に困ることもなんですが)、この作品はTSUTAYA限定販売、となっているんですね。
 なので、一般の書店では購入ができません。無料でとりあえず一部を読むことはできますんで、そちらなども参考に。

 動物が主人公となっている街で探偵をしている耳の欠けたオオカミが、とある依頼をきっかけとして、悪人専門の”殺し屋ドロシー”と、街の裏の実力者達の抗争事件に巻き込まれていくという、ちょっとコミカルで、そしてハードボイルドな作品です。

 上記の説明はかなり端折っていますが、ドラマの構成はなかなか先が読めず、そして血を見るのが嫌いなその”探偵”の過去も、ある意味では謎に満ちている、といったところ。

 元々はWEB掲載漫画の書籍化のようですが、面白いというか言われないと気がつかない人もいるかもしれませんが、この作品はトーンを全く使っていません。陰影から何から、全てペンで描かれています。なんだか昔の同人誌を思い出してしまいました(笑)。

 正直、トーンを使わずにこれをやるには、メッチャ技量が要ると想像されますんで、これは狙った画風なんだろうなと思います。その狙い通り、ベタと網掛けだけの絵柄だけで、アメリカのギャング映画ばりな世界が、雰囲気よく描かれています。登場人物が動物に置き換えられている以外は、国や都市名は実在のまま。

 この世界観の細かなところはまだ判りませんが(人類が滅びた後とかそんなSF的な話ではなく、ただのファンタジーな設定だけという気もしますが)、何というかドラマの作り方がスピーディーで、そしてB級アクション的な展開もあり、謎や伏線が徐々に明らかになるなど、エンターテイメント作品として上質な感じがします。

 動物を擬人化して描くという作品は色々とありますが、この作品は純粋に人間を動物に置き換えて描いているだけですんで(まあ、動物の習性や性質など、結構よく描き込まれているので、そうとも言い切れない部分の法が多々ありますが(笑))、あとは伏線バリバリなドラマと演出を楽しむ、そういう作品だと思います。

 

|

« 草野ほうき/三島千廣 「シロクマ転生 森の守護神になったぞ伝説」 1巻 メディアファクトリー KADOKAWA | トップページ | とよ田みのる 「金剛寺さんは面倒臭い」 1巻 ゲッサン少年サンデーコミックス 小学館 »

C_アクション」カテゴリの記事

C_ファンタジー」カテゴリの記事

C_ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/66495836

この記事へのトラックバック一覧です: 岡野める 「殺し屋ドロシー」 1巻 マンガハック:

« 草野ほうき/三島千廣 「シロクマ転生 森の守護神になったぞ伝説」 1巻 メディアファクトリー KADOKAWA | トップページ | とよ田みのる 「金剛寺さんは面倒臭い」 1巻 ゲッサン少年サンデーコミックス 小学館 »