« 仲川麻子 「飼育少女」 1巻 モーニングKC 講談社 | トップページ | 緑山のぶひろ 「罠ガール」 1巻 電撃コミックスNEXT KADOKAWA »

2018/01/29

水上悟志 「二本松兄妹と木造渓谷の冒険」 全1巻 ヤングキングコミックス 少年画報社

 何というか、たった1冊の単行本に、先の全く読めない物語を1本の映画のように押し込めた、一人の少女を巡る退魔師と拝み屋の次元を超えた戦い(?)を描く、冒険活劇作品です。

 全1巻に、よくもまあこれだけ色々と詰め込んだみたいな感じがします。けどそれが破綻なく構成され、様々な場所に散りばめられた伏線が、物語の流れの中で回収され、見事にまとまっているんですね。

 何というか、2クールのアニメを総集編的に映画化してギュッとまとめたみたいな、ある意味でそんなテンポの良さと、次々と現れてはきちんと回収されていく伏線の巧妙さを楽しめる感じがします。

 とにかく何というか、まずはスピード感です。それでいて実は世界観のベース設定は複雑ながら細かいんですね。退魔師と拝み屋って、そもそも似たようなもんじゃんと思われそうですが、実は(この作品の中では)明確に区別されており、そして本来は退魔師の方が偉いようなんですが(という設定)、ある”少女”を巡って彼らが敵対することになると。

 出てくる妖怪といっても、どちらかというと「神様」に近い位置付けですね。タイトルにある「木造渓谷」は、彼らの住み処とする別次元の世界といったところです。というか、退魔師の使いで大量に出てくる”スズメ”がよーわからんですが(笑)、、あ、あれは式神か。

 基本的にドタバタ・アクション・コメディーといったところですが、何というかこのスピード感とまとまり感で、ちょっと読後がすっきりな作品ではあります。

 まあ、続きは出ても出なくてもいいんですけど(けど、こんだけ贅沢に設定した世界を、単作品で終わらすのは少々勿体ない気も?大盤振る舞い?)、とりあえず「単品」で楽しめる事は間違いないかなあと。
 

  

|

« 仲川麻子 「飼育少女」 1巻 モーニングKC 講談社 | トップページ | 緑山のぶひろ 「罠ガール」 1巻 電撃コミックスNEXT KADOKAWA »

C_アクション」カテゴリの記事

C_ギャグ・コメディー」カテゴリの記事

C_ファンタジー」カテゴリの記事

C_妖怪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/66323721

この記事へのトラックバック一覧です: 水上悟志 「二本松兄妹と木造渓谷の冒険」 全1巻 ヤングキングコミックス 少年画報社:

« 仲川麻子 「飼育少女」 1巻 モーニングKC 講談社 | トップページ | 緑山のぶひろ 「罠ガール」 1巻 電撃コミックスNEXT KADOKAWA »