« 宇佐江みつこ 「ミュージアムの女」 全1巻 株式会社KADOKAWA | トップページ | 【年始め】2018年の漫画に思うところ »

2017/10/27

グレゴリウス山田 「竜と勇者と配達人」 2巻 ヤングジャンプコミックス 集英社

ファンタジー世界には、様々な職業が設定されていますが、この作品はその中で活動する「配達人」という、要するに地味な運び屋見習いさん(2巻で昇格)を主人公にした、ドタバタほのぼの系コメディー作品です。

 えらいところに配達に向かわされ、途中の障害にくじけて復活させてもらったりとか、勇者も竜もいるファンタジー世界の設定を使って、ある意味では<ドロ臭く>、生活感の滲んだ、メチャクチャがありながらも「それが当たり前」の世界設定の中で普通に暮らしている、様々な人達との交流・・・を描くというか。。

 まあ、何だか判らない職業が存在したり(能力はレベルで示される)、「疾風の●●」みたいなあざ名が、役所で管理されている上に選び方もグダグダだったりと、ファンタジー設定をある意味では徹底的におちょくった(笑)、そんな感じもあります。ついでに言えば、どこにでも存在する<お役所仕事>についても、皮肉たっぷりに描写されております。。

 とはいえ、実は結構設定自体はシュールで、魔物に襲われて本当に死んでしまう事もあったりしますし、戦いの中で命を落としたり、ある意味殺し合いになったりという、ただのコメディー系ファンタジー漫画ではない部分もあります。

 全体の雰囲気は、どこか「大砲のスタンプ」に近いところもありますので(絵柄の感じとか色々)、あのドタバタなロシア味な世界をファンタジー世界に置き換え、「配達人」という地味な一職業からその世界を皮肉たっぷりに(?)描写した、そういう感じですかねえ。

 しかしまあ、ゲームの世界とかファンタジー世界に馴染みがある人には、ちょっとドロ臭くてクスッと笑える、そういう感じの作品だと思います。

 ちなみに絵柄のせいか判りませんが、主人公が女エルフであることをすぐ忘れてしまう。。。(ちなみに主人公は1巻)の表紙の方です) というか、ここまでムチャクチャやらされてると、本気で作者からも女性扱いされていないなと、、
 やはり貧(ry
  

|

« 宇佐江みつこ 「ミュージアムの女」 全1巻 株式会社KADOKAWA | トップページ | 【年始め】2018年の漫画に思うところ »

C_アクション」カテゴリの記事

C_ギャグ・コメディー」カテゴリの記事

C_ファンタジー」カテゴリの記事

C_魔女・魔法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/65969142

この記事へのトラックバック一覧です: グレゴリウス山田 「竜と勇者と配達人」 2巻 ヤングジャンプコミックス 集英社:

« 宇佐江みつこ 「ミュージアムの女」 全1巻 株式会社KADOKAWA | トップページ | 【年始め】2018年の漫画に思うところ »