« 西義之 「ライカンスロープ冒険保険」 2巻 ヤングジャンプコミックス 集英社 | トップページ | 宇佐江みつこ 「ミュージアムの女」 全1巻 株式会社KADOKAWA »

2017/09/29

佐藤さつき 「妖怪ギガ」 1巻 少年サンデーコミックス 小学館

 色々な時代の様々な妖怪についてオムニバス形式で描いた作品ですが、切り口は結構明確です。

 江戸時代もあれば明治時代、そして現代も含めて棲息している各種妖怪について、ちょっとコミカルに、しかしある時は少々怖い展開も含めて描かれていますが、この作品の中であえて「怖い存在」として描かれているのは、<人間>の方です。

 ある時代では妖怪と称せられるものは迫害、駆除されたり。。妖怪達は勿論、人を喰うものもいますが、「自分達の与えられた仕事(?)」を、ある意味ではとても純粋にこなしている、そういう存在として描かれています。

 そんな純粋な彼らに対して、人間は平気で裏切り、そして妖怪を退治しようとするわけですね。

 ある意味では、妖怪側の視点で全てが描かれている訳です。そこからある意味では”妖怪愛”というような評価もあるようですが、あくまで<視点>、<立ち位置>の問題のような気もします。人間の視点もある程度は入って来る部分はありますが、その<妖怪からの視点>を徹底しているところが、この作品の特徴とも言えます。

 妖怪の側の視点から描けば、どう転んでもこの作品のように<人間は酷い>という描写にはなってくるかなあと。まあそもそも根本として、「なぜ妖怪が存在するのか?」という根源までは触れてはいませんけど、別にそれが判らなくても、そこらの小動物のように存在していて構わないわけです。

 そこらの小動物の視点から描けば、やはり同じように「人間って酷い生き物」ということになっちゃうでしょうね。。ただ、まあ妖怪の方がある程度、考えることが出来るというか、知能のようなものはありますので(人間型の妖怪なんかは、人間そのものですし)、物語としてはこちらの方が色々な事ができると思います。

 ある意味、、真面目で純粋な妖怪達に対して、人間って本当に身勝手で恐ろしい存在なのかもなあ、と改めて考えさせられます。。
 

  

|

« 西義之 「ライカンスロープ冒険保険」 2巻 ヤングジャンプコミックス 集英社 | トップページ | 宇佐江みつこ 「ミュージアムの女」 全1巻 株式会社KADOKAWA »

C_ギャグ・コメディー」カテゴリの記事

C_ファンタジー」カテゴリの記事

C_妖怪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/65823064

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤さつき 「妖怪ギガ」 1巻 少年サンデーコミックス 小学館:

« 西義之 「ライカンスロープ冒険保険」 2巻 ヤングジャンプコミックス 集英社 | トップページ | 宇佐江みつこ 「ミュージアムの女」 全1巻 株式会社KADOKAWA »