« 井上知之 「はなまる魔法教室」 1巻 裏少年サンデーコミックス 小学館 | トップページ | 井上智徳 「CANDY & CIGARETTES」 1巻 ヤンマガKCスペシャル 講談社 »

2017/07/04

吉田丸悠 「大上さん、だだ漏れです。」 1巻 アフタヌーンKC 講談社

 男子の「構造」が気になって気になってエロい事ばかり考えてしまうけど、他人になかなかそれが明かせずに孤独に悶々としている、思春期が暴走している女子高生と、なぜか人との接触を極端に避ける、見た目はイケメンだけど無表情で淡々とした男子高生。

 そんな二人がトイレを通じて(?)出会ったわけですが、彼が人を極端に避ける理由は、その体質にありました。。

 彼の特異体質の犠牲となって、次々と<本音>を口走ってしまう犠牲者が続出しますが、そんなシチュエーションを通じて、ある意味、互いにコミュ症であった二人の、ちょっとぎくしゃくした”青春”が綴られていく、そんな作品です。

 ある意味、設定がとてもシンプルなんですね。「本音を口走る」というのも、勿論本人の意図を超えているわけで、混乱も生じてしまいますが、いい方向に転ぶこともあるわけです。

 そしてヒロインの大上さんも、エロいと言っても、なんだか国語辞典でヒワイな単語を検索して、なんだかドキドキしてしまうような、お前は小学生かっっというくらい可愛いものです(・・・まあ、けど高校生ですからね。お互いに。うんうん)。 

 あ、いや。。。けどコンビニの角のコーナーでアレな本をつい読んじゃったりしてるので、、、暴走してますね。やっぱり(笑)。

 もう一人の主人公の方は、あまりに淡々として感情がないのかよっ という能面キャラですが、基本は生真面目で、超が3つくらい不器用。

 そんな二人が、クラスメートとも徐々に交流を増やし、青春していくわけですね。

 なんだか妙に心配で見守りたくなる、そんな二人を描いた作品です。

|

« 井上知之 「はなまる魔法教室」 1巻 裏少年サンデーコミックス 小学館 | トップページ | 井上智徳 「CANDY & CIGARETTES」 1巻 ヤンマガKCスペシャル 講談社 »

C_ギャグ・コメディー」カテゴリの記事

C_ラブコメ」カテゴリの記事

C_学園もの」カテゴリの記事

C_SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/65488734

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田丸悠 「大上さん、だだ漏れです。」 1巻 アフタヌーンKC 講談社:

« 井上知之 「はなまる魔法教室」 1巻 裏少年サンデーコミックス 小学館 | トップページ | 井上智徳 「CANDY & CIGARETTES」 1巻 ヤンマガKCスペシャル 講談社 »