« 高田慎一郎 「放課後アサルト×ガールズ」 2巻 メテオCOMICS ほるぷ社 | トップページ | 梶谷志乃 「想幻の都」 全2巻 BEAM COMIX エンターブレイン »

2016/11/01

保谷伸 「マヤさんの夜更かし」 1巻 ゼノンコミックス 徳間書店

 二人のネット廃人女子の真夜中の生態を描く、そんな生々しい作品です(超意訳な上に若干間違いあり)。

 主人公は二人の女子。
 とある病院に入院したことをきっかけに知り合った二人ですが、一人は漫画家を目指し、東北の実家に引っ越していき、日々漫画をパソコンで描いています。
 もう一人は自称「魔女」。その時点で妖しさ満点ですが、フリーターな上にネトゲ廃人。ガチャを廻すために生活費をつぎ込み、課金・散在しまくるダメダメ状態。
 そんな二人が、ネットの音声チャット(スカイプかな?)で、延々と夜中に7時間も8時間もだべる(というか、自称「魔女」が迷惑顧みずに延々とあれこれしている?)という、そんな真夜中の日常を淡々と綴っています。

 ・・・というか、いやこれ、異様なほどリアルすぎて怖いわわたし。。
 音声チャットではなかったですけど、IRCやらICQやら、そんなもので夜中の間、延々とグダグダと(翌日への影響なんか忘れて)ネットしていた頃の自分とダブります(爆)。

 というか、私自身がというより、そういうのを通じて知り合った数々のネット仲間とダブるんですよね(一部、未だに繋がっていて、お話をしておりますが)。

 まあその中には、まさに何とゆーか自称「魔女」の生態そのものという女性もいたような気がします。
 まあ、異性にはそんなダラダラしたところまでは見せませんけど(チャットだし)、会話の雰囲気とか、そんなもので何となく判るんですよね。。

 (とか言いながら、オフで会ってみるとイメージと全然違うことの方が多かったりするので、あんましアテになりませんが(じゃあ言うなよ!))。

 けど、その頃色々と聞いたり見たりしてきた「ネット廃人な人々(男女問わず)」の生態に、かなりリアルに近いものを感じるのです。唯一違うのは、ゲームがネットゲームというより「スマホのガチャ系」になっているという部分。
 けどそれも、填まっているものの形態が違っているだけで、中身のダラダラ、グダグダ感、そして「ああぁぁ」と後で後悔しちゃうんですけど、課金してしまうその性(さが)。これは時代が変わっても同じなんですね。。。。

 ということで、そんなグダグダな女子同士の会話が続くアレですが、一応ひとひねりもあります。
 自称、自称と書きましたけど、実は(以下略

 ということで、そういうお腹が痛くなるような設定もありますが(謎)、それがあるが故に、何というかグダグダ感満載なんですけど、ちょっと香辛料も効いている感じの作品になってるかな、と思ったりします。

  

  

|

« 高田慎一郎 「放課後アサルト×ガールズ」 2巻 メテオCOMICS ほるぷ社 | トップページ | 梶谷志乃 「想幻の都」 全2巻 BEAM COMIX エンターブレイン »

C_ギャグ・コメディー」カテゴリの記事

C_ネットワーク」カテゴリの記事

C_日常系」カテゴリの記事

C_魔女・魔法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/64428732

この記事へのトラックバック一覧です: 保谷伸 「マヤさんの夜更かし」 1巻 ゼノンコミックス 徳間書店:

« 高田慎一郎 「放課後アサルト×ガールズ」 2巻 メテオCOMICS ほるぷ社 | トップページ | 梶谷志乃 「想幻の都」 全2巻 BEAM COMIX エンターブレイン »