« せきはん 「のーどうでいず」 1巻 アーススターコミックス 奉文堂 | トップページ | 【クズ】各駆除方法の効果を改めて調べてみた。【ヤブガラシ】 »

2016/10/17

みやびあきの 「なでしこドレミソラ」 1巻 まんがタイムKRコミックス 芳文社

 地味な性格から高校に入ってイメチェンをした女子高生。けど基本的にそれまでのめり込めるようなものがなく、音楽系のクラブに入ろうかと思っている中、<尺八>を奏でながら和楽器の世界に勧誘する、一人の少女と出会い、新しい世界が開けていくという、そんな青春物語といったところです。

 和楽器を扱う漫画って、そんなになかったっけ?と思ったんですが、案外あるんですね(汗)。「ましろのおと」ってそうか。和楽器ですよね。
 まだまだ競技とかコンサートと言うところまでは行かず、まずは初心者&道具はレンタルというステップから、徐々に楽しさに目覚めていく、そんな成長の過程がとても初々しく描かれているなあと思います。

 基本的に古典的な和楽器の世界ではなく、自由に好きに楽曲をアレンジした世界から足を入れることになりますが、やはり最初に連れ込まれたコンサートの雰囲気が、(音は聞こえませんけど)とても雰囲気がよく、また和楽器の音色の描写も、和風模様を上手に使っていて、とてもイメージがしやすい、そんな感じがします。

 まあ何より、それまでの中学生活が<おかっぱ地味子>な少女が、髪型を(表紙の通り)金髪にして(やり過ぎです!(笑))、幼なじみと一緒に完全にはっちゃけ始め、また楽しさに目覚めていく様は、なかなか微笑ましいというか読んでいて楽しいですね。

 津軽三味線もそうですが、太鼓から何から、本当に和楽器というのは腹に響くというか、空気を通して伝わってくるような振動が凄いですよね。そんな中で琴などの音色も、あるときには繊細に、あるときにはそれなりに力強く聞こえてきて、本当に素晴らしいなあと思ったりします。

 そういう和楽器の雰囲気を、古典だけではなく現代風にアレンジするということで、どういう方向性になっていくのかな?というのもちょっと気にはなります。恐らくバンドよろしく様々な楽器のメンバーが徐々に増えていくと思いますが、全国大会のようなものを目指すのか、あるいはカジュアルにバンドとしての成功を目指していくのかで、随分と雰囲気も変わっていきますし。

 なにはともあれ、初心者として飛び込み、とにかく<楽しさ>を感じてどんどん入り込んでいく様と、和楽器の奏でる音の表現などが、とても読んでいて気持ちのいい作品です。
 

  

|

« せきはん 「のーどうでいず」 1巻 アーススターコミックス 奉文堂 | トップページ | 【クズ】各駆除方法の効果を改めて調べてみた。【ヤブガラシ】 »

C_叙情系」カテゴリの記事

C_学園もの」カテゴリの記事

C_音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/64360978

この記事へのトラックバック一覧です: みやびあきの 「なでしこドレミソラ」 1巻 まんがタイムKRコミックス 芳文社:

« せきはん 「のーどうでいず」 1巻 アーススターコミックス 奉文堂 | トップページ | 【クズ】各駆除方法の効果を改めて調べてみた。【ヤブガラシ】 »