« クール教信者 「ホロビクラブ」 全1巻 チャンピオンREDコミックス 秋田書店 | トップページ | 松本藍 「ちん×ぱら」 全2巻 アフタヌーンKC 講談社 »

2016/09/13

ツナミノユウ 「つまさきおとしと私」 全2巻 KCx ITAN 講談社

 なんと・・・。全1巻かと思いきや、続刊がでました!
 けど、新刊案内に出ているのに、延べ5軒くらい本屋を探してしまいました。。 KCxなら青年コミックかと思ったら、ITANだからジャンル的にはレディース系なのですね(汗)。そりゃ見つからんわ。

 靴のつまさきを切り落とす妖怪「つまさきおとし」と、唯一、その小さな妖怪が見える女子中学生、長妻 咲の、、、熱愛・・・??

 ぶっちゃけ、神出鬼没な妖怪を、それを上回るストーキング能力によって追い続け、つまさきを切る行為を”愛のまなざし”で解説し、そして”愛によって”追い詰めていく、、、妖怪の「とし君」は日々、その精神攻撃に耐えながら自問自答するという戦いを強いられる、、、、という、サイコホラー作品です(違

 その果てには互いに存在しなければ生きていけなくなる、という<大いなる勘違い>というより、<精神的に追い詰められた者の末路>に行き着く、、、のか?? な、ある意味では凄い漫画だったりします。

 まあ、1巻からそうな訳ですけど、何か気まずいけど口に出せないもどかしさを感じている、あるいは他の人に感じさせる行動をする人のつま先を、意味もなく切り落とす不条理な妖怪が主人公だった・・・筈ですが(数話くらいまでは)、話数が二桁もいかないうちに、完全に超能力でもあるんか!というくらいなストーカー少女に追われ続け、精神的な駆け引きを常に強いられる妖怪を描くことになるという、本当に”サイコホラー”に近い作品になり、2巻ではある意味、その<総仕上げ>とでも言うべき「追い詰められた人間(妖怪)の思考を完全に崩壊させ、洗脳した結果は・・・・?」に至るという感じです。。

 けど、ある意味では純愛というか、全てを捧げる愛を体現し、それに感化されていく葛藤の過程を描いている、とも言えそう・・・ですけど(どこかこう、思いやりや気遣いも芽生えていくという)、やっぱ何か根本的な部分で間違ってると思います(笑)。

 ラストはある意味、”きょとん”としたオチとも言えるかもしれません。人によって評価は分かれるかもなあとも思いますが、そこまでの積み重ねてきた流れを踏まえれば、互いに<永遠の愛>を手に入れた、、、のかも? という意味なのでしょう。

 やっぱ何か大きく間違っている気がしますけど(笑)、本人達がよければそれでいいんでしょう、とゆーことですね。

 巻末には、「蝉丸残日録」とのコラボも”自虐的”に掲載されています。

 いずれにせよ、次回作に期待ですです。

 

|

« クール教信者 「ホロビクラブ」 全1巻 チャンピオンREDコミックス 秋田書店 | トップページ | 松本藍 「ちん×ぱら」 全2巻 アフタヌーンKC 講談社 »

C_ファンタジー」カテゴリの記事

C_不条理系」カテゴリの記事

C_妖怪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/64198053

この記事へのトラックバック一覧です: ツナミノユウ 「つまさきおとしと私」 全2巻 KCx ITAN 講談社:

« クール教信者 「ホロビクラブ」 全1巻 チャンピオンREDコミックス 秋田書店 | トップページ | 松本藍 「ちん×ぱら」 全2巻 アフタヌーンKC 講談社 »