« ヤス/TAGRO 「つーつーうらうら☆ダイアリーズ」 全2巻 REXコミックス 一迅社 | トップページ | 大塚志郎 「漫画アシスタントの日常」 2巻 BANBOO COMICS 竹書房 »

2016/06/16

からあげたろう 「わたしのカイロス」 1巻 BUNCH COMICS 新潮社

 表紙の絵柄や作者名と、中身のギャップがかなり激しい、ジュブナイル系ハードSFといったところでしょうかね。
 なかなか読み応えのあるSF作品です。

 主人公自体は、本当にそれまで戦ったことも何もない、においを嗅ぎ分ける能力が高い程度の特技しかない、ある意味では普通の少女です。
 その彼女が、首輪を填められて<罪人>として、様々な惑星に転送されつつ見ず知らずの<敵>と戦い、勝ち続けることを宿命として与えられる、そんな過酷なお話です。。

 まあ、最初に転送された惑星で、宇宙船”カイロス”と出会ったことで、何の技術もなくすぐに死んでしまってもおかしくない状況から、少しずつ運も向いてきているのかもしれませんが、どちらにしても過酷な運命をどう生き抜くか、、といったところ。

 高度な技術を持つ未来の世界という設定ながら、惑星間転送装置は<ブラックボックス>でオーバーテクノロジー的な部分もあり、社会システムも半ば奴隷制に近いものもある世界設定となっていたりと、SFとしての裏設定はかなりしっかりしている感じがします。

 けど、絵柄からくるほのぼのイメージはすぐに裏切られます。至る処に<死>の足音が聞こえ、自分自身も体の一部を失い、チーム戦に突入すれば、次々と襲われて死に至る<罪人達>を目の当たりにすることになります。
 絶望的な状況の中で、やはり心の支えとなっていくのは”カイロス”なのですよね。。

 ハードなシチュエーションの中でのサバイバル戦の中、このジュブナイル的な雰囲気が唯一の救いであり、そして壮大な世界設定の中での定点でもあるかなと。

 しかし、ほぼ放映プロデューサーの籠の中の鳥状態な<罪人>達には、どのような未来が待っているのでしょうねえ。。

  

   

|

« ヤス/TAGRO 「つーつーうらうら☆ダイアリーズ」 全2巻 REXコミックス 一迅社 | トップページ | 大塚志郎 「漫画アシスタントの日常」 2巻 BANBOO COMICS 竹書房 »

C_アクション」カテゴリの記事

C_サバイバル」カテゴリの記事

C_ファンタジー」カテゴリの記事

C_SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/63786388

この記事へのトラックバック一覧です: からあげたろう 「わたしのカイロス」 1巻 BUNCH COMICS 新潮社:

« ヤス/TAGRO 「つーつーうらうら☆ダイアリーズ」 全2巻 REXコミックス 一迅社 | トップページ | 大塚志郎 「漫画アシスタントの日常」 2巻 BANBOO COMICS 竹書房 »