« 海人井槙 「はじまりの竜とおわりの龍」 全1巻 ビッグコミックススペシャル 小学館 | トップページ | 衿沢世衣子 「うちのクラスの女子がヤバい」 1巻 マガジンエッジKC 講談社 »

2016/05/18

クール教信者 「小林さんちのメイドラゴン」 4巻 アクションコミックス 双葉社

 異世界からやってきたドラゴンが、メイド服を着て住み込みをするその家は、とあるボロいアパートの一室。そして住人は四捨五入してアラサーの25歳OL(IT系+メイド愛MAX+貧○)。

 初期設定からしてツッコミどころ満載(笑)、そしてどんどんドラゴン(メンヘラ系)が増えてきてしまうコメディー作品ですが、ただのコメディーともまた違う部分も多々ありですね。

 この巻では冒頭から荒れ方MAXですが、寿命も半端なく長く、そして世界をも一気に滅ぼすことが可能なドラゴンと、一介の妙に達観したボーイッシュなOLが”共存”できるのは何故か、それぞれの思惑も交えて描かれて行きますが。。

 要は「異文化交流の難しさ」と、「それを突破するには何を変えればいいのか」という、そういう命題について、コメディーとは言いつつかなりディープに突っ込んでいる感じがします。ディープに突っ込んではいますけど、結論は勿論、それぞれの心の尺度の中で折り合いを付けるという形で、「いろいろな選択肢はある」というところに落ち着いているのかな、という気もしますが、強烈で個性的なキャラが、それぞれ「折り合い」を付けて共同生活していく、そういう物語でもあるなあと思ったりします。

 4巻では今まで半ば曖昧にされていた、「トールと小林の出会い」が描かれていますが、「酔っ払いが勢い余って偶然出会って助けたドラゴンを説教した上にメイド服強要(意訳)」という、半ば予想通り(笑)の展開となっていました。強引に辻褄を合わせちゃうところが、なんかこう楽しいなあと(違

 ・・・なんとアニメ化されてしまうのですねえ。。

 種族間を越えた”何か”という部分が、どのくらい設定の中に活かされていくのか、ちょっと興味と共に不安もあるんですが、、、、、まあ、設定自体がかなりすっ飛んでますから、そちらをメインに押し出しても、アニメとしては成立するかなあ。

 見た目はただのロリ系メイドでありながら、やはり年の功もありますんで、可愛さの中にも妙に醒めて達観した雰囲気を醸し出すこともあり、ある意味<異常な状況>に置かれながら冷静に「自分の私欲のために」全て(?)を受け入れる主人公と共に、この辺のギャップ感が魅力という気もします。この<絶妙なバランス>を、上手に表現してくれたらなあと(まあ、別物と考えてはおりますが)。
  
  

|

« 海人井槙 「はじまりの竜とおわりの龍」 全1巻 ビッグコミックススペシャル 小学館 | トップページ | 衿沢世衣子 「うちのクラスの女子がヤバい」 1巻 マガジンエッジKC 講談社 »

C_ギャグ・コメディー」カテゴリの記事

C_ファンタジー」カテゴリの記事

C_日常系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/63648937

この記事へのトラックバック一覧です: クール教信者 「小林さんちのメイドラゴン」 4巻 アクションコミックス 双葉社:

« 海人井槙 「はじまりの竜とおわりの龍」 全1巻 ビッグコミックススペシャル 小学館 | トップページ | 衿沢世衣子 「うちのクラスの女子がヤバい」 1巻 マガジンエッジKC 講談社 »