« 本田 「ガイコツ書店員 本田さん」 1巻 ジーンピクシブシリーズ メディアファクトリー | トップページ | 松本豊 「スメラギドレッサーズ」 全4巻 少年チャンピオンコミックス 秋田書店 »

2016/05/10

ツナミノユウ 「蝉丸残日録」 全2巻 モーニングKC 講談社

 1巻のコメントはこちら

 セミになっちゃったんだから、人生はあと少し、残りの人生を悔いなく生きたい、という割にはユルユルな日常をゆるゆるな悩める仲間達と過ごす蝉丸。
 本人は悩んでますけど、周囲の人もいろいろなことにマジで悩んで過ごしています。
 他人から見れば他愛のないようなことでも、それぞれが真剣に悩んで、けどなんかゆるい部署の仲間達を見ていると、「まあいいか」とだんだん思えてくるという、なんかこう日常感溢れる(?)コメディーですが、案外と奥も深かったり(辞めたいという後輩への長台詞、もうギャグの流れの中の一コマでしかないんですけど、じっくり読んでみるとなかなかさもありなん。。な御言葉です)。

 が、この巻から後半が怒濤の展開となっていきます。

 なんだか謎のパワーアップはするは、空は飛ぶは、なんだか恐怖の大王みたいなのが出てくるわ、そしてセミになった謎も解けるには解けるんですが。。。
 もうあまりの急展開に、「夢オチ?」と勘ぐってしまうような展開でしたけど、スーパーな力を手に入れても、持ち前のユルユルな性格を貫いて、ゆるく敵と対峙して、、、という流れに。

 そしてラストになるわけですけど、ああ、やっぱりユルユルだぁ(笑)。
 小さなことでも人はそれだけで満足できることもある。なかなか雰囲気のある読後感でした。

 このユルユル感と、日常の中での深い御言葉を十分に堪能させていただきました(笑)。

|

« 本田 「ガイコツ書店員 本田さん」 1巻 ジーンピクシブシリーズ メディアファクトリー | トップページ | 松本豊 「スメラギドレッサーズ」 全4巻 少年チャンピオンコミックス 秋田書店 »

C_ギャグ・コメディー」カテゴリの記事

C_不条理系」カテゴリの記事

C_日常系」カテゴリの記事

C_自然・動植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/63608571

この記事へのトラックバック一覧です: ツナミノユウ 「蝉丸残日録」 全2巻 モーニングKC 講談社:

« 本田 「ガイコツ書店員 本田さん」 1巻 ジーンピクシブシリーズ メディアファクトリー | トップページ | 松本豊 「スメラギドレッサーズ」 全4巻 少年チャンピオンコミックス 秋田書店 »