« 若木民喜 「なのは洋菓子店のいい仕事」 3巻 少年サンデーコミックス 小学館 | トップページ | 小竹田貴弘 「ろくがく深海生物部」 1巻 アース・スターコミックス 奉文社 »

2016/04/13

小野中彰大 「クミカのミカク」 1巻 リュウコミックス 徳間書店

 異星人も普通に地球で生活をしている、そんな未来で会社に普通に努めている異星人OLの「初体験(違)」物語です。

 主人公は資源の非常に乏しい星の種族で、空気中の微量元素を体内で固定することができるため、基本的に食事を経口摂取する必要がありません。
 仕事は出来るけどコミュ力は弱く、近寄りがたいオーラを出しながらテキパキと作業をこなしていく、「できるOL」な設定ですが、、、、

 ある日、初めて口から食べ物を摂取することにより世界が一変し、めくるめく味覚の世界に堕ちていくという、、、そんなお話です。

 特に凄い料理を食べる訳ではないのですけど、<初体験>に近い味覚の世界に溺れていく(笑)ヒロインが、それまで会社でも完全に孤立していた状況から(本人は全く気にせず)、女子会まで参加できるほどにコミュ力を付けていきます。
 <食べる>ことによって生活自体も大きく変化をしていくという、そんな部分も丁寧に描かれていますね。

 同僚OLの多くもみな異星人ですから、なんつーか宇宙人のごった煮状態ですが(笑)、そういう他のキャラも設定が案外しっかりしているので、SF好きは十分に楽しめますし、凄くシンプルに、食べ物を食する喜びに恍惚と飲まれていくヒロインが、なんとも可愛いというか。。

 まあ、SFコメディというカテゴリになるんだとは思うんですが、特別な料理が出てくるわけではなく、ごく日常に食べるものばかりではあるんですけど、グルメ漫画としても面白い切り口で楽しめるなあと思ったりします。

  

|

« 若木民喜 「なのは洋菓子店のいい仕事」 3巻 少年サンデーコミックス 小学館 | トップページ | 小竹田貴弘 「ろくがく深海生物部」 1巻 アース・スターコミックス 奉文社 »

C_ギャグ・コメディー」カテゴリの記事

C_グルメ」カテゴリの記事

C_SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/63479751

この記事へのトラックバック一覧です: 小野中彰大 「クミカのミカク」 1巻 リュウコミックス 徳間書店:

« 若木民喜 「なのは洋菓子店のいい仕事」 3巻 少年サンデーコミックス 小学館 | トップページ | 小竹田貴弘 「ろくがく深海生物部」 1巻 アース・スターコミックス 奉文社 »