« 岩原裕二 「ディメンション W」 9巻 ヤングガンガンコミックス スクウェア・エニックス | トップページ | 【毎年恒例】ちょっと2~3月は更新止まり気味になります。 »

2016/01/15

つばな 「ホブゴブリン 魔女とふたり」 全1巻 バーズコミックス 幻冬舎

 何でも食べてしまう魔女(老婆)に仕えて、時々サボりながらも食べ物(じゃなくても何でもいいらしい)を集めてくる、妖精「ホブゴブリン」(少女)のお話です。

 最初はファンタジー調の童話のような世界観で描かれています。が、途中からは、魔女の正体、タダの舞台装置と思われていた数々の伏線、本筋とはあまり関係ないと思われていた城のお姫様の秘密など、全てが繋がって物語の終盤を迎えるという、そんな形でまとめられています。

 結構シュールな部分もありますんで、まあ童話といっても「本当は怖いグリム童話」くらいなイメージと思った方がいいかもしれません(笑)。
 けどまあ、シリアスでシュールな場面も、ある意味で淡々と描いているところがまた味がある感じですな。。

 ただのファンタジー作品だと思って読み進むうちに、あれあれ?と張り巡らされた伏線に気がつかされ、大団円(・・・なのか?)を迎えるという感じで、なかなか楽しめる構成の作品だなあと思ったりします。

 4年もかけて描かれているそうなんですが、最初からこの物語構成は考えていたのかしら?
 まあ、あとから色々と辻褄を合わせたのだとしても、楽しく読める、ちょっとダークな童話ということで。

   

|

« 岩原裕二 「ディメンション W」 9巻 ヤングガンガンコミックス スクウェア・エニックス | トップページ | 【毎年恒例】ちょっと2~3月は更新止まり気味になります。 »

C_ファンタジー」カテゴリの記事

C_ミステリー」カテゴリの記事

C_魔女・魔法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/63070556

この記事へのトラックバック一覧です: つばな 「ホブゴブリン 魔女とふたり」 全1巻 バーズコミックス 幻冬舎:

« 岩原裕二 「ディメンション W」 9巻 ヤングガンガンコミックス スクウェア・エニックス | トップページ | 【毎年恒例】ちょっと2~3月は更新止まり気味になります。 »