« 香深村れん 「トレンチフラワーズ」 1巻 BUNCH COMICS 新潮社 | トップページ | 宇島葉 「世界八番目の不思議」 1巻 BEAM COMIX エンターブレイン »

2015/12/22

川床たろ 「オンナノコガレ」 1巻 it COMICS アスキー・メディアワークス

 自分の身なりなんぞ気にしない、ボーイッシュで運動好き、そしてオシャレという言葉に拒否感すら抱く、そんな女の子が、通っていた床屋のお婆さんの廃業によって美容院に行かざるを得なくなり、そこから<人生>が変わっていくというような、そんなお話です。

 床屋のお婆さんの紹介で予約した美容院で待っていたのは、どこから見ても<オネエ>な美容師さん(まあ表紙の通りですね)。
 そこで何か劇的に美への指南が始まるのかと思いきや、意外や意外。可愛さに無頓着で苦手意識の強い彼女の価値観を尊重しながら、ドライヤーの使い方、ワックスの使い方、そして化粧・・というよりスキンケアの基本の基本、そしてショッピングと、非常に緩くて敷居も低いステップを徐々に重ねながら、少しずつ彼女の意識を変えていく、そんなお話になっています。

 本当に少しずつ、失敗もしながら自然と「オシャレ」を身につけていく彼女と、慌てず押しつけがましくなく、それでいて的確に必要なアドバイスをするオネエ美容師のコンビが、なかなか好感が持てますし、なんだか読んでいて明るくもなるんですが、物語の端節に、深くて若干暗いテーマも平行して織り込まれています。

 それはまあ、オネエ美容師の意識の問題ですね。まだ顕在化はしていないものの、次巻あたりで若干ドロドロの展開になるかもという伏線が、予告から見て取れます。
 ある意味では興味津々でサービス精神旺盛で、客としての彼女にアドバイスをする彼ですが、またある意味では<先入観>が全くなく、<常識>にも囚われず、<素直>な物言いをし、オネエの自分ですら何の違和感もなく受け入れてくれる彼女に、どこか魅力とともに羨望ももって接しているのだろうなと。。

 非常に重いテーマなので、ボタンを掛け違えるとドロ沼でダークな展開になりかねないんですが、恐らくはそれを打破するための、天真爛漫な主人公の設定なのでしょうかね。
 ただの予想なので、どう料理するかは勿論、作者次第ですが、その辺り、仮に明るい方向性を考えているのであれば、どのようにハッピーエンドを迎えるような展開とするのか、そこは手腕でしょうね。

 まあ、ここまでは楽しく読めましたので、この先もいろんな意味で期待したいなあということで。

   

|

« 香深村れん 「トレンチフラワーズ」 1巻 BUNCH COMICS 新潮社 | トップページ | 宇島葉 「世界八番目の不思議」 1巻 BEAM COMIX エンターブレイン »

C_ラブコメ」カテゴリの記事

C_日常系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/62917214

この記事へのトラックバック一覧です: 川床たろ 「オンナノコガレ」 1巻 it COMICS アスキー・メディアワークス:

« 香深村れん 「トレンチフラワーズ」 1巻 BUNCH COMICS 新潮社 | トップページ | 宇島葉 「世界八番目の不思議」 1巻 BEAM COMIX エンターブレイン »