« 松本豊 「スメラギドレッサーズ」 1巻 少年チャンピオンコミックス 秋田書店 | トップページ | 松本渚 「盤上の詰みと罰」 全2巻 アクションコミックス 双葉者 »

2015/11/24

太田優姫/太田垣康男 「銀河ロケットにお葉書ください」 1巻 ビッグガンガンコミックス スクェア・エニックス

 ある日、日本の全国民に日本政府から特別な郵便が届きます。

 10か月後、人類滅亡は決定的となりました。
 地球の科学力では防げず、地球からの脱出もできません。
 なので、同封した葉書に何か一言、あるいは写真を貼って、「銀河ロケット事業団」宛に送ってください。
 送られた葉書は特殊な技術でマイクロチップ化し、他の銀河に向けたロケットに積み込み発射します。

 「最期の葉書に あなたは何を書き 何を残しますか?」

 SFではありますが、SF的な描写は最小限に抑えられています。
 あくまで日常の風景の中で、地球最後に向けて、自殺や自暴自棄になった人々の暴動など、世界の静かで悲しいニュースや様々な様子が、テレビやラジオを通じてのみ語られていきます。。

 いわゆる「あなたの寿命が残り10ヶ月なら、何をしますか?」というものの究極版とも言えます。
 普通なら、そのような物語の主人公は1人で、残された人々やその後の人々に何かを残す、というのがセオリーですね。
 しかし、この物語には「その後」はありません。等しく人類全てが地球ごと消滅します。地球の存在すら消滅するわけです。残せるのは一人1枚の葉書だけ。。

 SF的な要素は完全に物語の下敷きになる土台でしかありません(が、そこにMoonlight Mileの太田垣氏が絡んでいるので、SF考証は抜かりなし)。世の中の様子は、現実味が微妙な形で、テレビ、ラジオから流れてくるのみ。けど、それは本当かもしれないし嘘かもしれない。。どこか妙な隔絶感を演出しています。
 そういう窓の外の風景のような世界情勢に対して、身近な人が居なくなったり、急に職場から人が去っていったり、そういう日常の中の人とのかかわり合いが、あくまでそれぞれの登場人物にとってのリアルです。

 オムニバス形式で綴られる、それぞれの人々が最後に残したい何か。

 職場放棄してもいい状況下で、去ることは勿論誰も咎めず、けど残って懸命に働く人々は何を想い、何を考え、残された日々を生きていくのでしょう。

 そして、すべて消滅してしまうこの世界から、それぞれが何を"宇宙"に残したいと想うのか。。

 いろいろな人とのつながりや対話を通じて、自分自身とある意味で真剣に語り合う、そんな物語が描かれていきます。


 これ、電車の中で読んじゃダメなやつですな。
 なのに、ついつい読み始めたら止まらなくなっちゃいました(汗)。

 設定や演出もよく練られています。10ヶ月という期間が絶妙かもなあと。。
 パニックになるには微妙に長い、考える時間が十分すぎるくらいあります。逆にこれより長いと、何かがんばって危機を避ける為に人類は立ち上がった!もあり得ますが、10ヶ月じゃあ、科学の発展なんて期待できるわけもなく、諦めもつくよなあ、と(まあ、10ヶ月という寿命が発表時点で既に検討され尽くした結果、ではありますが)。そして何より、これから滅んでいくという緊張感も、数年とか言われると若干慣れちゃいますけど、いまこの季節のこの時間は、来年はもうやって来ないという現実によって、十分維持されるなあと。。

 が、本質は恐らく、、、滅びの美学ではなく、限られた時間の中で、「自分は何をやりたいのか、やりたかったのか」を真剣に真考えていく、そういうところにあるのかなと。。

 これ、映像化するにはうってつけの作品ですけど(特撮要らないですからね)、この微妙な機微を脚本にし、演じるのはかなり難しいと思います。
 というか、簡単に作れるからと、軽いノリでは作らないで欲しいと真剣に思ったり。

 マンガだからいいとも言わないですけど、じっくり味わってみてほしい作品だなあと。。

|

« 松本豊 「スメラギドレッサーズ」 1巻 少年チャンピオンコミックス 秋田書店 | トップページ | 松本渚 「盤上の詰みと罰」 全2巻 アクションコミックス 双葉者 »

C_叙情系」カテゴリの記事

C_日常系」カテゴリの記事

C_SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/62707230

この記事へのトラックバック一覧です: 太田優姫/太田垣康男 「銀河ロケットにお葉書ください」 1巻 ビッグガンガンコミックス スクェア・エニックス:

« 松本豊 「スメラギドレッサーズ」 1巻 少年チャンピオンコミックス 秋田書店 | トップページ | 松本渚 「盤上の詰みと罰」 全2巻 アクションコミックス 双葉者 »