« 島崎無印 「怪獣の飼育委員」 1巻 まんがタイムKRコミックス 芳文社 | トップページ | 宮田紘次 「犬神姫にくちづけ」 全6巻 BEAM COMIX エンターブレイン »

2015/10/27

新貝田鉄也郎 「怪人ようちえん」 1巻 ヤングジャンプコミックス 集英社

 実は表紙とタイトルに引かれ、読んでみたらその絵柄の可愛さと怪人の設定の異様なほどの細かさ+クオリティに、なんか凄い熱いな!って思って、改めて(表紙の崩してある)作者名を見てみたら、、、、新貝田鉄也郎さんではないですか、、(汗)。

 ロリエロの世界で活躍されていた寡作な方でありますが(、、、なんで私は寡作な人ばかり記憶しているのだろう(汗))、一般紙にも描いていたのかぁ、ってことと、いま描いていることに二度ビックリ。

 設定自体は、とある組織(お察し)に生み出された改造人間=怪人達が、まあ社会的なアレを身につけるため、幼稚園レベルから教育を受ける、というのが骨子です。
 改造されて生み出されたばかりの怪人達は、それまでの記憶はなく、変身能力もまだ身につかず、備わっている特殊能力も活かし切れない、とても中途半端な存在。そんな子供達が、幼稚園を舞台にバトル(?)を繰り広げ、成長していくという、まあそんな感じです。

 なんだか優しい保育の先生(当然、怪人)や先輩方(コレも当然)、そして謎の首領(ほのぼの系)と共に、幼児が暴れまくるわけですが、、裏設定がしっかりしているので(読めば判りますが)、なんかもう特撮アルアル的な面白さとかもあって、楽しく読める作品になっていますね。
 WEBで見てみると、特撮の世界でも実は結構活躍されていたようで、だからこのクオリティなのかあ、と思ったり。

 ギャグというかコメディーとして描かれている割に、少女達のアクションシーン(?)は実に活き活きと描かれています。ギャグマンガとしては、特に動きについてはクオリティ高いんじゃないかしら?(個人的感想)。

 なんだか懐かしい人が活躍しているのを見て、ちょっと嬉しくなったりもする、そんな気分であります。

   

|

« 島崎無印 「怪獣の飼育委員」 1巻 まんがタイムKRコミックス 芳文社 | トップページ | 宮田紘次 「犬神姫にくちづけ」 全6巻 BEAM COMIX エンターブレイン »

C_ギャグ・コメディー」カテゴリの記事

C_学園もの」カテゴリの記事

C_特撮」カテゴリの記事

C_SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/62552831

この記事へのトラックバック一覧です: 新貝田鉄也郎 「怪人ようちえん」 1巻 ヤングジャンプコミックス 集英社:

« 島崎無印 「怪獣の飼育委員」 1巻 まんがタイムKRコミックス 芳文社 | トップページ | 宮田紘次 「犬神姫にくちづけ」 全6巻 BEAM COMIX エンターブレイン »