« 九井諒子 「ダンジョン飯」 2巻 BEAM COMIX エンターブレイン | トップページ | 野田サトル 「ゴールデンカムイ」 4巻 ヤングジャンプコミックス 集英社 »

2015/08/25

ヤス/TAGRO 「つーつーうらうら・ダイアリーズ」 1巻 REXコミックス 一迅社

 ハイエースで全国を旅する<宇宙人達>と<記憶喪失の少女>。

 もうこの設定段階で、なんなんだなんなんだ? という感じになりますわね。。

 物語自体は、数々の謎(?)をはらんだまま、この3人が旅をしつつ、旅先でいろいろな人と交流する、、、というような感じの、のほほん系というか脱力系(?)な雰囲気の作品です。

 原作者のTAGRO氏の拘りかなと思いますが、この作品のキモは「間のとり方」じゃないでしょうかね。

 何ページ構えのト書きを引用して、「ほら、○○の設定を~」とかいう感じで、だらだらとページを捲るだけではなく、少し前のページに読者を誘導して戻したりして、「本としての漫画」の舞台を活かした演出をしていたりもします。そして物語全体に流れる、なんだかのんびりとしたやり取りと、その裏で何かがバレることに異常に警戒し、緊張する宇宙人達。。。

 そういう「遊び」を織り交ぜながら、会話の節々で「ねえ、なんで○○なんだろう?」という問いかけに対して、お約束のように意味深に<ギクッ、ギクッ>としまくる宇宙人さん達(なんで水着みたいな衣装やねん!)、という、どこか落語的な雰囲気もありーの。

 原作者と作画担当者のそれぞれの持ち味が、なんか結構いい感じでバランスされている気がします。

 のほほんとした雰囲気の中にも、ギクギクするような裏設定が潜む緊張感、そしてお約束の反応が、なんか丁度いい塩梅のかもしれないですねえ。

  

|

« 九井諒子 「ダンジョン飯」 2巻 BEAM COMIX エンターブレイン | トップページ | 野田サトル 「ゴールデンカムイ」 4巻 ヤングジャンプコミックス 集英社 »

C_ギャグ・コメディー」カテゴリの記事

C_日常系」カテゴリの記事

C_SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/62153157

この記事へのトラックバック一覧です: ヤス/TAGRO 「つーつーうらうら・ダイアリーズ」 1巻 REXコミックス 一迅社:

« 九井諒子 「ダンジョン飯」 2巻 BEAM COMIX エンターブレイン | トップページ | 野田サトル 「ゴールデンカムイ」 4巻 ヤングジャンプコミックス 集英社 »