« 藍井彬 「DUEL!」 1巻 ヤングガンガンコミックス スクエア・エニックス | トップページ | 梅木泰祐 「あせびと空世界の冒険者」 3巻 リュウコミックス 徳間書店 »

2015/07/12

丹波庭 「トクサツガガガ」 3巻 ビッグコミックス 小学館

 2巻のコメントはこちら
 
 今回は、表紙の必死な目つきがいいですよね(笑)。
 えぇえぇ。趣味に没頭すると、みんなこういう目つきになる、、、かも?

 3巻ともなってくると、だいたい作品の作り方というかそういう部分が固まってきた感じで、物語の方向性とかが見やすく、そして格段に読みやすくなってきたなと思ったり。

 趣味のためだけに時間を使いたいのに、生きていくためには色々なおつきあいもしなきゃいけない、、その苦行(違)の日々を、数々の劇中劇の名シーンや名台詞を交えて、自分の中で折り合いを付けていく、そんな困難な日常が描かれていきます。

 描く上で、取り上げる作品を劇中劇にしたのは正解ですね(まあ、版権とか色々あるから当然ですけどね(汗))。
 これで実在の作品名とか出てきた日には、恐らくあれが違う、これも違う、解釈がおかしいとか、色々余計な懸念がでてきてしまいますから。。

 この作品で描かれている、描きたいのは、「ディープな趣味の世界に生きるためには、数々のテクニックを駆使して気付かれないようにし、そしてスキあらば、相手を自分の世界に取り込む努力も怠らない」、そんなマニアな戦士の生き様です(←多分かなり違う)。

 なんだか読みながら、昔に日本SF大会というディープなお祭り(私は行ったことはありません)で、会場内の張り紙に以下のように書かれていたよ、という内容をふと思い出したり。。

 「一般の方にSFファンは非常識な奴とばれないようにしてください」

 うんうん。ばれないように楽しむことも大事かもしれない。潜伏しながらニヤニヤ楽しむのは個人の自由ですし(違)。

 3巻は、とうとう職場のお局様に趣味がばれ、追い詰められる状況で終わりましたが、、果たしてどのように解決していくのか、、
 なんだか判らないけど頑張れ!(無責任)
 

 

|

« 藍井彬 「DUEL!」 1巻 ヤングガンガンコミックス スクエア・エニックス | トップページ | 梅木泰祐 「あせびと空世界の冒険者」 3巻 リュウコミックス 徳間書店 »

C_ギャグ・コメディー」カテゴリの記事

C_特撮」カテゴリの記事

C_趣味系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/61862360

この記事へのトラックバック一覧です: 丹波庭 「トクサツガガガ」 3巻 ビッグコミックス 小学館:

« 藍井彬 「DUEL!」 1巻 ヤングガンガンコミックス スクエア・エニックス | トップページ | 梅木泰祐 「あせびと空世界の冒険者」 3巻 リュウコミックス 徳間書店 »