« 大久保圭 「アルテ」 3巻 ゼノンコミックス 徳間書店 | トップページ | 藍井彬 「DUEL!」 1巻 ヤングガンガンコミックス スクエア・エニックス »

2015/07/10

鈴木小波 「燐寸少女」 2巻 カドカワコミックス・エース 角川書店

 燐寸(マッチ)を擦ると妄想が現実になる、、そんなマッチを人々に配る少女を描く、オムニバス作品です。

 簡単に言えばSF(すこしふしぎ)の系統ですが、内容はそこそこブラック(ブラックユーモアともいうか)。
 竜宮城の顛末のようなシュールなオチもありますが、救いのない結末ばかりではなかったり、、もします。妄想は妄想、現実は変わらない。そこで破滅するのか、思い留まるのか。。

 なので、ほんとに結末が読めず、それゆえにそれぞれの物語に引き込まれてしまいます。

 「ネガイヲカナエマス」という呪文により、幸せになる人や破滅していく人々を描く作品は数知れませんが、そういう普通のパターンを踏まえた上で、変化球をバシバシ投げてきます。読んでいても嫌な気分にもなりませんし、ある意味、傍観者として楽しく読める作品ですね。

 1巻でもちらっと出てきたと思いますが、2巻では蝋燭少女も出てきます。燐寸とは違い、心の底からの願いを叶えるという蝋燭。。けど、本当に願っていることを叶えることが、果たして全て幸せに繋がるのか? そんな複雑なエピソードが二人の少女のハモりと共に(違

 細々と続けられている作品のようですが、これからも作品が継続することを願いまして。


 ここから余談。

 多分、この作品の<1巻>を店頭に置いている書店は多くないと思います。私が覗いた比較的大きめの書店、約10軒中、新刊コーナーに1巻を2巻と一緒に並べていたのは、<1軒>だけでした。通常棚に何とか残っていたのは2軒だけ。勿論、残りの書店では通常棚にも並んでいません。少なくとも2巻が新刊で並んでいる中~大型店でこの状況。

 この作品だけではありません。2巻や3巻くらいが新刊で発売され、表紙や帯を読んで気になり、1~2巻を買おうと探し回ったことは今年に入ってからでも10回は下りません。。
 神田界隈の漫画コーナーがある大型書店ですら、絶版ではないのに見つからない作品もありました。特に間隔が半年以上空いてしまうと顕著。。

 こういう機会を活かすかどうかは、やはり担当の書店員さんの腕の見せ所。並んでいたらまとめて買う人って、案外侮れない数いると思うんです。実際目撃したこともありますし、私もやったことありますし(・∀・)。
 5巻以上続いているものはスペース的にも無理だと思うんですが、特に月刊系の連載物で2~3巻くらいまでなら、これは売上げに繋がると思うんですけどね。

 そういう潜在需要があるのに取り込めないと、結局見つけられない方々は、ネット通販で注文してしまうと(書店で取り寄せるより早いですからね。。在庫があれば、翌日か翌々日には届きますから)。
 けど、それを面倒くさがる人も多いですね。「ないなら、まあいっか」と。読者は出会いの機会を失い、書店は続刊を買ってくれるかもしれない、大切な顧客を逃すことになると。。

 まあ、読む方からすればどこで買ってもいいんですが(当然ネットでも)、作家さんと共に書店も応援したいという気持ちがあるので、私は書店で探して彷徨ってしまうのです。。(かなり無駄に時間かかりますが、巡っている内に知らない本に出会うこともあるので良しと割り切ってます)。

 このあたり、長くなりそうなのでまとめてそのうち雑談で書いてみようと思います。

 余談ここまで (・∀・)。 ・・・余談の方が長くてすみません。。。

|

« 大久保圭 「アルテ」 3巻 ゼノンコミックス 徳間書店 | トップページ | 藍井彬 「DUEL!」 1巻 ヤングガンガンコミックス スクエア・エニックス »

C_ファンタジー」カテゴリの記事

C_伝奇・オカルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/61850185

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木小波 「燐寸少女」 2巻 カドカワコミックス・エース 角川書店:

« 大久保圭 「アルテ」 3巻 ゼノンコミックス 徳間書店 | トップページ | 藍井彬 「DUEL!」 1巻 ヤングガンガンコミックス スクエア・エニックス »