« 八木ゆかり・万乗大智 「無重力ガール」 全2巻 ビッグコミックス 小学館 | トップページ | 竹良実 「辺獄のシュヴェスタ」 1巻 ビッグコミックス 小学館 »

2015/06/24

高畠エナガ 「GODSPEED」 全2巻 ヤングジャンプコミックス 集英社

 1巻のコメントはこちらで。

 この作品、2巻で終わるとは思っていなかったので、ちょっと残念でした(3人の初期天使のうち”空気(エア)”と”水(アクア)”しか出てこず、”土(テラ)”が出てこなかったあたり、予定が変わってしまったということでしょう)。

 戦い方も想定外でスピード感もあり、物語もいい意味で想定外なことの連続で面白いんですよね。若干急いでいる感もありながら、ノリでどんどん読めてしまいますし。
 けど、どちらかというと2巻後半に行くにつれ、「・・・このページ数でまとまるのか?」という不安感だったりします。山場を迎え、激戦が繰り広げられる中、最後にもうページ数ないよ!ってとこまで来て、ここまで読ませてくれたのに、どういう結末になるんだとドキドキ。。。。


 で、最後の最後、ラストエピソードにビックリ!

 たった1コマ。いや、コマ割の時間軸の表現だけで全てすっ飛ばしました。いや参った。。そうきますか。
 まあ確かに映画とかアニメであれば、天地創造のようなシーンは魅せ場ですが、この作品の中では、そこは細かく表現する必要ないんですよね。。
 けど、ここまで潔くバッサリやるセンスが、改めて「漫画って凄いなあ」と思ったりしました。

 そしてラストエピソードで、ここまでの凄惨な戦いの末に、まさか皆が幸せになれるような結末を用意しているとは。。

 いやあ、本当にいい意味で想像を超えたストーリー展開で、楽しませていただきました。
 そして、よくこの制約の中でまとめ切ったなあと。。

 連載で読んでしまうと、この作品はちょっと追いにくいかもです。単行本である程度まとめて読んでこそ、より楽しめるかもなあ、と思います。そこは仕方ないんでしょうね。。今のシステム的には。

 雑誌のト書きじゃないですけど「○○先生の次回作に御期待下さい!」って感じです。これ、必ず次への足がかりになると思います(個人的には)。

|

« 八木ゆかり・万乗大智 「無重力ガール」 全2巻 ビッグコミックス 小学館 | トップページ | 竹良実 「辺獄のシュヴェスタ」 1巻 ビッグコミックス 小学館 »

C_アクション」カテゴリの記事

C_ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/61787830

この記事へのトラックバック一覧です: 高畠エナガ 「GODSPEED」 全2巻 ヤングジャンプコミックス 集英社:

« 八木ゆかり・万乗大智 「無重力ガール」 全2巻 ビッグコミックス 小学館 | トップページ | 竹良実 「辺獄のシュヴェスタ」 1巻 ビッグコミックス 小学館 »