« 佐藤洋寿 「スズキさんはただ静かに暮らしたい」 1巻 ZENON COMICS 徳間書店 | トップページ | 田辺イエロウ 「BIRDMEN」 5巻 少年サンデーコミックス 小学館 »

2015/05/25

飯島しんごう 「怪談イズデッド」 3巻 アフタヌーンKC 講談社

 学校の怪談をネタにした、脱力系怪談ギャグという感じですかね。。表紙は今回、「学校の七不思議」に強引に引きこまれてしまったウサギの霊です。

 「学校の七不思議」が崩壊しつつある中、毎晩のように”伝説の復活”について会議をする怪談の主人公達。まあ、様々な逆境から、学校から撤去されていく怪談たちの悲哀を描いているわけですけど、なんかこう脱力感しか生じないという(笑)。

 やさぐれたトイレの花子さんや、インターネットを駆使してエロに走るテケテケなど、なんかどこか道を外れたり、気が抜けたりした怪談たちが、7不思議に足りなくなってしまった仲間を新たに見つけようと、日々奔走したり、、しなかったり。。。

 最初の頃は、ちょっと暴走感もあったりしましたが(オチがちょっと強引とか、落ちてないとか?)、3巻くらいになると、やっとキャラ達がうまく立ち回ってくれるようになった感じがあります。

 まあ、何十年も前には普通にあったものが、確かに学校からは無くなっているようなんですよね。
 二宮金次郎像は、確かにうちの小学校にもありました。けど、建て替えになった今は、校庭のどこにもありません。

 歩きながら本は読んではダメとか、アホかという理由で撤去されているそうで。。
 まあ、現状にそぐわないという理由もあるにはあるでしょう。働きながら勉強するなんてスタイルは確かに今は極少数ですし、子供に推奨できるようなことでもないことも分かります。

 そういう意味で、この作品は一昔前の当たり前が、今はどんどん変わっていく、その時代の変遷も映した作品とも言えます。どんどん新しくなっていく学校の現状も紹介されているので、恐らく30代以上の人が読んだほうが、「え、、あれってもう学校にないのか・・」と、哀愁も感じられる作品になっていたりもします。

 まあ、キャラが走り始めているので、この先の方向性はどうなるのかわからんですが。。

 時代の変化とともに、昔の当たり前が通用しない学校で、彼らはどうやって生き延びていくのか。。(そして追い出された「学校の怪談」たちは、どこに行き着くのか。。)

|

« 佐藤洋寿 「スズキさんはただ静かに暮らしたい」 1巻 ZENON COMICS 徳間書店 | トップページ | 田辺イエロウ 「BIRDMEN」 5巻 少年サンデーコミックス 小学館 »

C_ギャグ・コメディー」カテゴリの記事

C_伝奇・オカルト」カテゴリの記事

C_妖怪」カテゴリの記事

C_学園もの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/61640957

この記事へのトラックバック一覧です: 飯島しんごう 「怪談イズデッド」 3巻 アフタヌーンKC 講談社:

« 佐藤洋寿 「スズキさんはただ静かに暮らしたい」 1巻 ZENON COMICS 徳間書店 | トップページ | 田辺イエロウ 「BIRDMEN」 5巻 少年サンデーコミックス 小学館 »