« 石塚千尋 「ふらいんぐうぃっち」 3巻 KCコミックス 講談社 | トップページ | 内藤泰弘 「血界戦線」 10巻 ジャンプコミックス 集英社 »

2015/04/14

カラスマタスク 「NO GUNS LIFE」 1巻 ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ 集英社

 表紙からして異様な雰囲気を醸し出していますが、その雰囲気通りのハードボイルドな作品です。

 大戦の後、「拡張者(エクステンド)」と呼ばれるサイボーグが普通に生活している世界で、拡張者の問題を処理する、頭が銃で出来ている男の物語です。

 荒くれ者からヤクザ、秘密結社じみた組織が暗躍する街で、一匹狼で渡り歩く漢、と。

 ハードボイルドに付きものの妖しい女性もちゃんと出てきます。まあイロイロと。

 大戦時に大改造を受けた強力な「拡張者」という設定で、まあ戦前の記憶もないし体の秘密もイロイロあるみたいだし、謎は深まるばかりですけど、まあそんなナゾっぽいところが雰囲気なんですな。目がどこにあるかもわからんのに、なんか見えてるのも最大の不思議です!(違)

 けど、一応強力な主人公ではあるんですけど、とある特殊拡張者の少年の方が、だんだん主人公みたいな流れになってきています。がんばれ主人公(違)。

 切り取ったスチール写真のような雰囲気のコマが多いですけど、それを迫力がないと言う人もいるようですけど、まあこういう表現もマンガとしてはアリだと思うのですよね。。
 人物の動きや絵はデッサンがしっかりしてますし、そういう美術系統の流れの絵柄ですよね。ハードボイルド=デフォルメしまくった絵でスピーディーな展開、というのも期待があっる人もいるのかもしれませんけど、表現もイロイロだと思うので。私はそんなに違和感は感じないです。
 劇画系とか、レディス系、BL系でアクションものなら、こんな感じの描写が普通だと思うんで、私のほうがそういうのに慣れてるからなのかな?

 そういえば、カラスマタスクで検索すると、「烏丸匡」が出てくるんですけど、改名されたのかしら? 絵の雰囲気からすると同一の方のようですけど。

 ストーリーも伏線が沢山散りばめられてますし、続きが結構気になる作品ですね。状況的にかなりもう追い詰められてる感じもしますし。。この二人の掛け合いも、これからどんどん面白くなっていきそうですし。

|

« 石塚千尋 「ふらいんぐうぃっち」 3巻 KCコミックス 講談社 | トップページ | 内藤泰弘 「血界戦線」 10巻 ジャンプコミックス 集英社 »

C_アクション」カテゴリの記事

C_SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/61411106

この記事へのトラックバック一覧です: カラスマタスク 「NO GUNS LIFE」 1巻 ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ 集英社:

« 石塚千尋 「ふらいんぐうぃっち」 3巻 KCコミックス 講談社 | トップページ | 内藤泰弘 「血界戦線」 10巻 ジャンプコミックス 集英社 »