« 檜山大輔・村田真哉 「魔女に与える鉄槌」 2巻 ガンガンコミックスJOKER スクェアエニックス | トップページ | 九段そごう 「俺とヒーローと魔法少女」 2巻 ポラリスCOMICS ほるぷ出版 »

2015/04/29

筒井哲也 「マンホール」 全2巻 ヤングジャンプコミックス 集英社

 裸で片目の潰れた男が街を徘徊し、吐血の際に突き飛ばされ、そして倒れたショックで後頭部を打ち死亡する。。

 全てはそこから始まる、サスペンス作品です。サスペンス・ホラーと言ってもいいのかな?

 主人公は、事件を追うベテラン刑事と、新米女性刑事。そして不思議な生態をもつ新種の”寄生虫”です。体液とヒトスジシマカを介して感染するその寄生虫により、徐々に被害者が増えていく、、

 そして、謎のマンホールの存在。。

 片目をえぐってしまう、ある意味夢に出てきそうな異様さと、フィクションとはいえ、実際に起こりうるパンデミック直前の緊迫した状況など、なかなか緊張感があり、どうやって切り抜けるのか手に汗握るシーンが繰り返されます。
 そして、意図してこの寄生虫をばらまき続ける犯人の意図とは。。

 この作品の初出は2004年頃のようなので(今回の上下巻は再販になります)、去年(2014年)のデング熱騒動などよりずっと前に、この作品は描かれていたことになります。

 内容的には”意図的に撒かれた”という違いがありますが、蚊を介して広がる寄生虫の感染は、防ぐのが非常に難しいということを、よく調べているなあと思いました。

 それをよく判っているからこそ、パンデミックが起きにくい冬という季節を選んで事件を起こし、そして「夏」を利用しようとする犯人の行動に結びつくわけですが。。

 サスペンス・ホラーとしてもよく描けていますが、バイオ・ホラーという側面のほうが強いのかもしれません。あくまで、ドラマは人間同士の戦いではありますが、実に寄生虫の行動パターン等を調べつくして描いているなあと。。
 寄生虫関係の本は、かなり読んで調べたんじゃないでしょうかね。そのベースがあるからこそ、翻弄される人々のドラマが面白くなるわけですね。

 ドログチャ系が弱い人には要注意ですけど、ある意味ドラマチックな展開と結末が印象に残る、そんな作品です。。


|

« 檜山大輔・村田真哉 「魔女に与える鉄槌」 2巻 ガンガンコミックスJOKER スクェアエニックス | トップページ | 九段そごう 「俺とヒーローと魔法少女」 2巻 ポラリスCOMICS ほるぷ出版 »

C_サスペンス」カテゴリの記事

C_SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/61508420

この記事へのトラックバック一覧です: 筒井哲也 「マンホール」 全2巻 ヤングジャンプコミックス 集英社:

« 檜山大輔・村田真哉 「魔女に与える鉄槌」 2巻 ガンガンコミックスJOKER スクェアエニックス | トップページ | 九段そごう 「俺とヒーローと魔法少女」 2巻 ポラリスCOMICS ほるぷ出版 »