« カラスマタスク 「NO GUNS LIFE」 1巻 ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ 集英社 | トップページ | 木々津克久 「兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿」 1巻 少年チャンピオンコミックス 秋田書店 »

2015/04/15

内藤泰弘 「血界戦線」 10巻 ジャンプコミックス 集英社

 10巻で第一部完だそうですけど、まあアニメにもなっちゃいまいたし、メジャー路線まっしぐらですなあ。。

 異次元と交わってしまってデタラメな法則に支配された街(元ニューヨーク)で、”血界の眷属”と戦う秘密結社の活躍を描く、、というくらいのあらすじだけ書いておけばいいかしら?

 しかし、実際なんというか、最初に「なんでもあり」って宣言しちゃってるから、もう<なんでもあり>になってます(笑)。異次元というより魔界と重なっちゃったみたいな世界で、いわゆる人の常識なんて通用しない、デタラメな世界が構成され、もう毎日がシッチャカメッチャカという感じです。

 そしてド派手なアクションですが、もう闘いは人知を超えてますんで、正直、なにやってるのか意味わからんものもありーの。しかし、タイトルの通り”血”に纏わる特殊能力で戦うというのが、セオリーとしてあります(他の能力もイロイロありますが)。

 しかしなんといってもそのデタラメな世界を貫くのは、「技名を叫んでから殴る漫画」というコンセプトです(爆)。

 いやあ、ここまで徹底されると爽快ですね。何でもありのデタラメな世界に”拳”で立ち向かう秘密結社!(と、書いてみるとカッコイイですね。うんうん)

 何でもありな設定なので、「こんな特殊能力あったら、どう戦えばいいねん」ってな感じの、究極の特殊能力まで出てきますが、技名を叫んで殴れば万事解決!(違

 このデタラメさ加減と、シリアスで派手な戦闘シーンを一緒に楽しめる、そんな感じの作品です。

 アニメ化の勢いで、連載が続くことを願いますです。

 

|

« カラスマタスク 「NO GUNS LIFE」 1巻 ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ 集英社 | トップページ | 木々津克久 「兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿」 1巻 少年チャンピオンコミックス 秋田書店 »

C_アクション」カテゴリの記事

C_伝奇・オカルト」カテゴリの記事

C_超能力」カテゴリの記事

C_SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/61411085

この記事へのトラックバック一覧です: 内藤泰弘 「血界戦線」 10巻 ジャンプコミックス 集英社:

« カラスマタスク 「NO GUNS LIFE」 1巻 ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ 集英社 | トップページ | 木々津克久 「兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿」 1巻 少年チャンピオンコミックス 秋田書店 »