« 阿部洋一 「オニクジョ 阿部洋一短編集」 ヤングジャンプコミックスULTRA 集英社 | トップページ | 琴葉とこ 「透明のココロ」 1巻 少年チャンピオンコミックス・タップ! 秋田書店 »

2015/04/10

鈴木小波 「ホクサイと飯さえあれば」 1巻 ヤンマガKCスペシャル 講談社

 いわゆる御飯漫画というか、グルメマンガではあるんですけど、これがまた一風変わった切り口の作品でして。

 自分で<ご飯を作る=自炊する>ことに異常なほどの情熱を燃やす、新たに一人暮らしを始めた、一人の女子大生の物語です。

 美味しいものを食べるというベクトルより「美味しいものを”作って””食べて””満足する”」という、なんか微妙にグルメとは違うベクトルの欲求に支配されたヒロインが、まあ数々の障害を乗り越えながら<自炊(暴走)>するという、そういう作品・・・なのか??

 なんつうか、物欲も色欲も何もかも彼女の中には存在せず、全て<作って食べる>という欲求に支配されている、、そして綿密に立てた「食べるまでの工程」が掻き乱された時、ある意味では全てを投げ出して暴走を始める。。。

 何というか、今まで見たこともない動機付けで動き回る、ちょっと目が点になっちゃいそうなキャラなもので、もの凄いく新鮮かもしれません。。

 そんな中で、「ホクサイ」の位置づけが少々謎な部分でもあるんですが、こころの中のお友達、という位置づけなのかなあ?
 けど、これはこれで、人見知りで一人で暴走するヒロインへの大事なツッコミ役としての位置づけで、重要なポジションですな。

 シンプルなようでいて、ある意味含蓄もある、そんなドタバタ自炊コメディーといったところ。

 既刊本「ホクサイと飯」の8年前からスタートという設定なんだそうですけど、、、2013年発売の本じゃあ、その辺の本屋さんじゃ手にはいらないなあ。。(←すでに今日、大きめの書店3軒廻りましたが、痕跡なし)
 私もamazonさんのお世話になるしかないか。。

 しかし、面白い本って、色んなところに潜んでいるもんですねえ。

 P.S 本日、「ホクサイと飯」も確保しました。何軒廻ったことか、、

|

« 阿部洋一 「オニクジョ 阿部洋一短編集」 ヤングジャンプコミックスULTRA 集英社 | トップページ | 琴葉とこ 「透明のココロ」 1巻 少年チャンピオンコミックス・タップ! 秋田書店 »

C_ギャグ・コメディー」カテゴリの記事

C_グルメ」カテゴリの記事

C_日常系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/61400760

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木小波 「ホクサイと飯さえあれば」 1巻 ヤンマガKCスペシャル 講談社:

« 阿部洋一 「オニクジョ 阿部洋一短編集」 ヤングジャンプコミックスULTRA 集英社 | トップページ | 琴葉とこ 「透明のココロ」 1巻 少年チャンピオンコミックス・タップ! 秋田書店 »