« 内藤泰弘 「血界戦線」 10巻 ジャンプコミックス 集英社 | トップページ | 増田英二 「実は私は」 11巻 少年チャンピオンコミックス 秋田書店 »

2015/04/16

木々津克久 「兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿」 1巻 少年チャンピオンコミックス 秋田書店

 オカルト路線だった「フランケン・ふらん 」の頃から随分と作風も変わってきた気もしますね。
 けど、読み切りの短い中にでも伏線とどんでん返しを入れられるストーリー作りの上手さは、「名探偵マーニー」である意味開花し、その持ち味をうまく活かせていたなあという感じがします。

 一応、その路線に近い感じの少女探偵物です。
 第1巻から表紙にインパクトありますが、、オカルトといえばまあ兄の幽霊が出てくるわけですからオカルト系ですけど、ドクロな兄も見た目と違って普通に優しく、霊的なものとも戦ってくれます。が、どこか頼っていいんだか何だか、という感じで、見た目ほど強くないです。えぇえぇ。

 ・・・って、別に強くなきゃいけないわけじゃないですが(汗)。

 探偵物といえば探偵ではありますが、霊的な何かに取り憑かれていたり、自分の中で何かを育ててしまっていたり、そういうものが見えてしまう少女を、突然現れた行方不明の兄の霊が手助けするわけなので、オカルト探偵物なのですかね、、

 まあ、なぜ兄が行方不明になったのかとか、そういう伏線もありますし、霊として出てきたことに何か意味があるのだろうな、ということで、この先の展開に期待ということで。。

 ちょっと表紙から受けるイメージよりは、案外ソフトな感じかなあ?という気がしますので、あまり表紙に引いてしまわずに読んでみることをオススメします。

 まあ、以前からそれなりに女の子は可愛く描いていましたんで、この路線に行くとは当初は思ってませんでしたけど、、、、
 やってみると案外悪くないなあと思いますね。その上にオカルト的な雰囲気と、話の作りのうまさが活かせてますので。

|

« 内藤泰弘 「血界戦線」 10巻 ジャンプコミックス 集英社 | トップページ | 増田英二 「実は私は」 11巻 少年チャンピオンコミックス 秋田書店 »

C_サスペンス」カテゴリの記事

C_伝奇・オカルト」カテゴリの記事

C_学園もの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/61440352

この記事へのトラックバック一覧です: 木々津克久 「兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿」 1巻 少年チャンピオンコミックス 秋田書店:

« 内藤泰弘 「血界戦線」 10巻 ジャンプコミックス 集英社 | トップページ | 増田英二 「実は私は」 11巻 少年チャンピオンコミックス 秋田書店 »