« 小雨大豆 「九十九の満月」 2巻 シリウスKC 講談社 | トップページ | 久正人 「フォービリオンナイツ」 アース・スターコミックス 泰文堂 »

2015/03/12

吉本ますめ 「くまみこ」 3巻 MFコミックス メディアファクトリー

 この作品を、ただの「くまがしゃべる漫画」とか、「巫女マンガ」というジャンルで語ってはいけません。
 いや、まあ語ってもいいと思いますが(色々な切り口があるという意味で)、この作品の本質は<コンプレックス>により、田舎ムスメはどこまでハジケルか、ということなんじゃないかなと。。

 ヒロインである中学生の”まち”は、何故か御神体(?)のクマと一緒に住む、クマに仕える巫女であります。
 まあ、クマはヒグマで、巫女はアイヌ民族衣装っぽいから、北海道あたりをモチーフにしているのかなあ、とかいうのは、、、正直どうでもよくて(違)、このまちが「街(都会)」に憧れているわけです。

 しかし、中学生といいつつ、その実態は「何も知らない田舎者」。
 別に山奥に隔離されているわけでもなく、普通に中学校にも通っているのに、なんでここまで酷い「文明恐怖症」のようになっているかといえば、その人見知りと共に、異様なほどの「自分は田舎者だ!」という思い込みと文明の利器へのコンプレックスの塊だからという、、、

 未開の地から都会に出てくると、どちらかと言えば好奇心のカタマリみたいな感じで、あれもこれもと興味津々にはしゃぎ回るか、恐ろしい恐ろしいとガクガク震え、畏れおののくか、そんなパターンが考えられそうですが、そこに「自分は田舎者だ!」というコンプレックスが強烈に加わると、実に想像を絶するような行動に走るわけです。

 正直、まったくオチが読めない、想像力の上を行く行動に走る、、、その行動に異様に説得力があるように見えるのが不思議なくらいですけど、<コンプレックス>も極度な方向まで走ると、そして根性がここまで足らないと、こういう風な行動になるのかあ。。と、もうなんというか。

 まだ「ブッシュマン」の方が、余程都会に適応していたぞw

 電化製品もまともに使えない(けど釜で美味しく飯は炊ける)、”楽しい本屋さん”には、恐ろしすぎて一歩も足を踏み込めず、けど流されるままにアイドル衣装を着せられて、村おこしには使われる。。

 被虐のヒロイン(半分以上、自分のせい)が、周りの人々とクマに翻弄されつつ、コンプレックスと戦う(けど大抵敗れて打ちのめされる)、そんな作品です。

 しかし、ほんとここまで田舎ムスメを発現したキャラを、私は見たことがありません。。
 読めば読むほど、その田舎娘オーラの暴走に巻き込まれること必至です。

|

« 小雨大豆 「九十九の満月」 2巻 シリウスKC 講談社 | トップページ | 久正人 「フォービリオンナイツ」 アース・スターコミックス 泰文堂 »

C_ギャグ・コメディー」カテゴリの記事

C_日常系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/61267343

この記事へのトラックバック一覧です: 吉本ますめ 「くまみこ」 3巻 MFコミックス メディアファクトリー:

« 小雨大豆 「九十九の満月」 2巻 シリウスKC 講談社 | トップページ | 久正人 「フォービリオンナイツ」 アース・スターコミックス 泰文堂 »