« 久正人 「フォービリオンナイツ」 アース・スターコミックス 泰文堂 | トップページ | 冨明仁 「ストラヴァガンツァ~異彩の姫~」 3巻 BEAM COMIX エンターブレイン »

2015/03/15

梅木泰祐 「あせびと空世界の冒険者」 2巻 リュウコミックス 徳間書店

 島のように陸が浮かぶ架空世界。飛竜のような”竜魚”と呼ばれる巨大な生き物と対峙しながら生きるその世界。

 その世界で人々を守る衛士と呼ばれる職業があり、主人公は対戦車砲のような大型銃を持つ、なりたての新米。
 彼の目標は、冒険の旅に出たまま帰ってこない父親の後を追い、幻の古代の島を目指すこと。

 といいつつ、極々平凡な島の生活をしていたわけですが、ある日、一体のアンドロイドが訪ねてきたことで生活が一変。冒険活劇へとなっていくわけです。。

 1巻あたりは、ヒロインであるアンドロイドの”あせび”も、特殊能力はあるものの、ある意味地味な感じでもあり、荒くれ者の船乗りたちとのやり取りがメインとなっていました。

 2巻でもさらに登場人物も増えて、ドラマは深く展開していきますが、そこにもう1体、アンドロイドが現れます。その目的は、古代島を目指そうとする人類を抹殺すること。。

 ロストテクノロジーを求めて始まる、正統派な冒険活劇といったところです。最初のちょっとほのぼのとした展開から、だんだん物語がハードになっていくという印象は、雰囲気的には「ふしぎの海のナディア」を彷彿とされる感じもします(あくまで印象だけで、お話は全然違いますのであしからず)。

 この作者さんは、これが連載第1作ということですけど、絵も少年漫画してますし、結構いいかなと思ったりします。世界観の設定も、そんなに無理なくすんなり入り込める感じですね。

 ヨーロッパな雰囲気と火薬銃という世界に、いきなり人型アンドロイドというオーバーテクノロジーの組み合わせも違和感ないですし、登場人物たちの行動や背景、過去の描写もしっかりされているので、物語全体の厚みもありますし。

 1巻あたりは大人しい冒険活劇だなあと思っていましたが、2巻目あたりからは一気に面白くなってきた感じです。丁寧に物語を描いていますんで全体はいいんですが、、、

 1点だけ気になるところは、、、

 ちょっと主人公(ヒロインも含めて)の行動原理が、少々特異でパッと感情移入ができない部分が若干あるんですよね(まあ、片方はアンドロイドですけどね)。わかりにくいという程ではないんですけど、そのあたりがスッキリすると、またさらに面白くなるんじゃないかなあ。

  ちなみに、ホームページに行くと1話分、無料で読むことが出来るようです。参考までに(・∀・)

|

« 久正人 「フォービリオンナイツ」 アース・スターコミックス 泰文堂 | トップページ | 冨明仁 「ストラヴァガンツァ~異彩の姫~」 3巻 BEAM COMIX エンターブレイン »

C_アクション」カテゴリの記事

C_ファンタジー」カテゴリの記事

C_SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21254/61236323

この記事へのトラックバック一覧です: 梅木泰祐 「あせびと空世界の冒険者」 2巻 リュウコミックス 徳間書店:

« 久正人 「フォービリオンナイツ」 アース・スターコミックス 泰文堂 | トップページ | 冨明仁 「ストラヴァガンツァ~異彩の姫~」 3巻 BEAM COMIX エンターブレイン »